F1ピットストップBACK NUMBER

非情マクラーレンとホンダの涙。
掌返しに耐えたスタッフの3年間。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byMasahiro Owari

posted2017/12/03 08:00

非情マクラーレンとホンダの涙。掌返しに耐えたスタッフの3年間。<Number Web> photograph by Masahiro Owari

マクラーレン・ホンダ最後のレースとなったアブダビGPにて、ホンダのチーフエンジニア中村聡は最後まで仕事を貫いた。

「辛いです」「絶対に見返してやろうじゃないか」

「辛いです。もうやってられません」

 精神的に疲弊し、中村に相談を持ちかけてきたエンジニアもいた。これでは共倒れしてしまう。そう思った中村は苦しみをホンダのスタッフで共有することで、苦境を乗り切ろうとした。

「俺も同じ気持ちだ。お前の気持ちはよくわかる」

 孤独な戦いから解放されたスタッフに、中村は言った。

「このまま終わるわけにはいかない。絶対に見返してやろうじゃないか」

 結果、現場を去る者は誰ひとりいなかった。

 そんな状況で迎えた、マクラーレンと組んだ最後の戦い。フェルナンド・アロンソが9位でチェッカーフラッグを受けた後、テレメトリールームを出た中村は、ガレージで仕事をしていたホンダのメンバー全員と握手した。

 中村の目にも、ホンダのスタッフの目にも、涙が溢れていた。

関連コラム

BACK 1 2 3
マクラーレン・ホンダ
中村聡
フェルナンド・アロンソ

ページトップ