F1ピットストップBACK NUMBER

非情マクラーレンとホンダの涙。
掌返しに耐えたスタッフの3年間。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byMasahiro Owari

posted2017/12/03 08:00

非情マクラーレンとホンダの涙。掌返しに耐えたスタッフの3年間。<Number Web> photograph by Masahiro Owari

マクラーレン・ホンダ最後のレースとなったアブダビGPにて、ホンダのチーフエンジニア中村聡は最後まで仕事を貫いた。

今季は開幕戦から冷たくあしらわれる日々。

 異変に気がついたのは、開幕戦のオーストラリアGP。ホンダのスタッフがマクラーレンのガレージに入って行ったときだった。あいさつをしてもこれまでのようにフレンドリーな反応ではなかった。

「それは私に対してだけでなく、ホンダのエンジニアすべてに対して、そうなっていたようです」(中村)

 こちらが困ったことがあって、何か技術的な相談をすると、これまでなら「どうしたんだ」といって一緒に考えてくれたが、今年は「いつまでそんなことやってるの?」と冷たくあしらわれたことも少なくなかった。

 もちろん、その原因を作ったのはホンダである。そのことは中村もわかっていた。だが、苦労を共にした1年目、一体感を強めた2年目の経験があったからこそ、3年目のマクラーレンの掌を返したような対応が、ホンダのスタッフの胸に刺さった。

第3期を知るスタッフでも、こんな不遇はなかった。

 中村にとって、F1での仕事は今回が初めてではない。F1のキャリアをスタートさせたのは'98年。無限のスタッフとしてジョーダンに参加した。ホンダがジョーダンへの供給も決定した'00年の末にホンダへ移籍。'01年からホンダF1のエンジニアとして、ホンダが撤退する'08年までF1という戦場で生き残ってきた。

 その長い経験を持つ中村でも、今年以上に辛い思いをしたシーズンはなかった。人知れず、涙した日もあった。中村だけではない。現在のホンダF1の中には、ホンダの第3期活動からF1の世界でもまれてきたスタッフも数多くいる。その彼らでさえ、ここまで打ちのめされた経験はなかった。

【次ページ】 「辛いです」「絶対に見返してやろうじゃないか」

BACK 1 2 3 NEXT
マクラーレン・ホンダ
中村聡
フェルナンド・アロンソ

ページトップ