日々是バスケBACK NUMBER

バスケW杯予選が開幕も、ひと波乱!?
新予選方式に各国代表選手から不満が。

posted2017/11/22 11:00

 
バスケW杯予選が開幕も、ひと波乱!?新予選方式に各国代表選手から不満が。<Number Web> photograph by Getty Images

7月に行われたウルグアイとの代表戦にて。W杯の問題は、東京五輪に向けて急速に代表チームの強化が進む日本にとっても、非常に重要な問題である。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 11月23日から、世界各地で2019年FIBAワールドカップ出場権をかけた各大陸予選が始まる。日本代表も、11月24日に東京の駒沢体育館でフィリピン代表と対戦し、11月27日にオーストラリアのアデレードでオーストラリア代表と対戦する。

 FIBAは今回から大陸予選のシステムを大きく変更した。これまで大陸ごとに1カ所に集まって集中開催していたのをやめ、1年余をかけてホーム&アウェイの試合を繰り返し、出場権を獲得していく方式を採用したのだ。FIFAワールドカップの予選方式をまねたものだ。

 問題は予選開催の時期だ。あらかじめ定められた6回の開催期間のうち、4回は各国リーグの開催期間中にあたる。

 サッカー界ではFIFAが定めた国際Aマッチデー制度の期間にはトップリーグが開催されない決まりになっている。FIBAも同じような仕組みを作ろうと、2015年に予選日程を発表し、各国リーグに試合日程を配慮するように求めたのだが、世界のトッププロリーグ2つがそれに従わなかった。

 NBAとユーロリーグだ。

 FIBAとしても、巨大組織で、レギュラーシーズンだけで82試合を戦う過密スケジュールのNBAが従わないのは想定内だったが、ヨーロッパの強豪クラブが参加するユーロリーグの協力も得られないのは想定外だった。

 両者の間では今年9月まで交渉が続けられたが、結局、完全な調整はつかないまま時間切れとなった。

日本代表の予選に、八村と渡邊が出られない!

 日本代表も、この新システムにまったく影響を受けないわけではない。

 アメリカの大学に留学中の八村塁(ゴンザガ大)、渡邊雄太(ジョージワシントン大)らがシーズン中の11月と2月の予選には出場できないのだ。

 ヨーロッパの強豪国にとっては、この問題はさらに深刻だ。

 NBAやユーロリーグのチームに所属する各国選手は、それぞれの国のトップ選手たちばかりで、その数が国代表の強さを表すといっても過言ではない。それなのに、そのトップ選手たちを抜きに予選の試合が行われるのだから、予選での波乱も予想されるのだ。

【次ページ】 ヨーロッパの強豪国に、特に大きな影響が出る!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
八村塁
渡邊雄太
マルク・ガソル
ダリオ・サリッチ
ゴーラン・ドラギッチ
グレッグ・ポポビッチ
ジェフ・バンガンディ
FIBA
FIFA
東京五輪
オリンピック

ページトップ