本田、香川、岡崎が不在だった強豪2連戦。もっとも重要性を感じた選手は?

集計グラフを見る

 世界の頂点との差を痛感したサッカー日本代表のブラジル、ベルギーとの2連戦。事前に話題になっていたのは本田、香川、岡崎の“ビッグ3”の招・・・続きを表示

●本田圭佑
●香川真司
●岡崎慎司

1-10件を表示 / 全20

すべて| 本田圭佑| 香川真司| 岡崎慎司|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 善戦したとは思うが、勝ち切れる感じはしなかった。足りない要素を、今回招集した選手の伸びしろに期待するだけでは、心もとないだろう。監督もW杯で勝つ為にはあらゆる可能性を模索するだろうから、当然3人を含めた中で練り上げていくのではないか。中では、様々な環境で挑戦し続けてきた本田圭佑の、最終的に決めきる事の出来る力に期待したい。

    マドリーさん2017/11/16 12:36に投稿

    7
    そう思う!
  •  チームの核が必須だと思います。ピッチで戦術を徹底させ、苦境を打開するにはリーダーシップを発揮できる本田選手が欠くべからざる存在。世界の10番を背負った経験はきっと活きるはず。

    手許 不如意さん2017/11/16 20:53に投稿

    7
    そう思う!
  • 実績として、WC,CLで結果を残しており、大舞台、強豪相手に滅法強い。
    一人で違いを作れてゴールを奪えるのは彼だけ。
    フリーキック、コーナーキックも良いものが蹴れる。
    チェスカ時代、ケガ明けで、まったく走れなくともアシストをしていた。
    その位彼のキックは正確。
    ただ走りまくる選手は大勢いるが、インテリジェンスとキック精度が高いのは
    彼しかいない。
    後、生まれ持ったリーダーシップがある。

    tomaさん2017/11/17 10:25に投稿

    7
    そう思う!
  • 強い相手になればなるほど自分に出せ、と強くボールを要求できる選手が必要だと感じた。それだけでは駄目だけど本田にはそこから決定的な仕事ができる経験と力があると思う。
    もちろんミスもあるけどそれはどの選手も同じ、何故か本田がロストすると必要以上にクローズアップされる風潮があるけど、実際どんな選手でも普通の事。やはり自分は絶対必要な選手だと思う。

    おかピーさん2017/11/17 21:36に投稿

    5
    そう思う!
  • 何やかんやと言われても、一番大事な場面で決めてくれる!

    kuroさん2017/11/17 11:44に投稿

    4
    そう思う!
  • レスターのプレミアリーグの立ち位置が世界に置ける日本と似ていると思って居ます。プレッシングしながらも数少ないチャンスに掛ける試合運びに慣れている岡崎選手に出場して貰いたかったと考えているのは私だけではないと思います。

    YASUBEYさん2017/11/15 21:15に投稿

    3
    そう思う!
  • 長友に頼っていた面々を見て、精神的支柱であろう本田圭佑が必要だと思いました。親善試合でこれでは本番ではもっと混乱するのではないでしょうか・・・

    jackさん2017/11/18 19:31に投稿

    3
    そう思う!
  • できる仕事の多さ。

    harybaianさん2017/11/15 23:06に投稿

    2
    そう思う!
  • いたら良かったという点では本田選手。ただ、コンディションを上げる意味において呼ばなくて良かったのではないかとも感じています。呼びやすかったのはヨーロッパでプレーする×2シンジ。ブラジル戦で見てみたかったのはドルトムントのシンジ、レスターのシンジはベルギー戦なら面白かったかも知れません。コンディションの良くない選手を当たり前の様に招集して、試合勘もなくチームに順応する時間も与えられなかった選手に対して、少し調子が悪かっただけで世代交代とか代表不要論を振りかざす輩が多すぎ。サッカーの代表チームには不可避かもしれませんが、見ていてウンザリ。

    ぱぱさんさん2017/11/17 03:03に投稿

    2
    そう思う!
  • 本田だね。これに香川も加わるとポゼッション重視で遅攻気味になる印象があるが、若い選手中心だとちょっと迫力不足だった。相手を恐れすぎだと思う。本田がいれば、そこらへん気負うことなく前線でボールキープして、若手を生かせたのかなと・・・
    ブラジルはともかくベルギーとはもっとやれると思ったんだけどね。

    tomzさん2017/11/18 08:12に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ