バスケットボールPRESSBACK NUMBER

栃木ブレックス、指揮官交代の岐路。
秘密の映像でチームワークよ再び。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2017/11/11 09:00

栃木ブレックス、指揮官交代の岐路。秘密の映像でチームワークよ再び。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

田臥らが培ってきた栃木スピリットは、チームに浸透しているはず。ならばそれを思い出すだけだ。

竹内、田臥がそれぞれ口にしたチームの哲学。

 逆転負けを喫した1試合目に続き、2試合目も第3クォーターに追いつかれ、逆転された。それでも再び試合をひっくり返すと、勝負を分ける第4クォーターで27点をたたき出してリードを広げた。

 得点力のないチームが、1つのクォーターに27点を記録できたのはなぜか。それはディフェンスで踏ん張って相手の得点を阻止して、リバウンドを取ることで相手の攻撃機会を食い止め、自分たちの攻撃機会を増やしたからだった。

 竹内は言う。

「自分たちはディフェンスとリバウンドのチームなんだと話し合って、ディフェンスについては1週間しっかりやってきました」

 守備が上手くいったからこそ得点が伸びた、と田臥勇太も認めている。

「僕らはオフェンスでアジャストするんじゃなくて、ディフェンスでアジャストできるようなチームになりたい。それこそ“ディフェンスから攻められる”というくらいのチームにしていきたいと思いますので」

新加入選手が見せた“ブレックスらしい”振る舞い。

 特筆すべきは、第3クォーター残り4分弱、生原秀将がファウルをとられた場面だ。この試合はジャッジの基準が曖昧だったのだが、この場面でも生原が“ファウルを受けた”と判定されてもおかしくはなかった。しかし判定は生原が“ファウルを犯した”というものだった。

 すると、今季から栃木に加入した鵤誠司(いかるが・せいじ)が激しく両手を叩き、生原を鼓舞するアクションを見せた。鵤はそのプレー自体は覚えていないと言うが、こうも話している。

「1人ではなく、チームで戦っているので。良いプレーをしたら褒めることもそうですし、悪い流れのときはしっかりと声を掛け合うことが、ブレックスらしさだと思います。そういうことが出来ないと、勝てるチームにはならない」

 昨シーズンまで他チームに所属していた鵤が、そのような振る舞いを見せた。それがチームの変化を物語っていた。

【次ページ】 「小さくて細かい部分をどれだけできるか」(田臥)

3/5ページ
関連キーワード
栃木ブレックス
田臥勇太
安齋竜三
Bリーグ

ページトップ