サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

過去のブラジル戦と似た結果、内容。
それでも得られた日本の収穫とは?

posted2017/11/11 11:45

 
過去のブラジル戦と似た結果、内容。それでも得られた日本の収穫とは?<Number Web> photograph by Getty Images

過去4試合連続で8得点……日本戦で得点を量産しているネイマール。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 12、3、18の次は10だった。そして、結果は同じだった。

 2012年10月にポーランドで開催されたブラジル戦で、日本は開始12分に先制点を奪われた。今回の対戦では結局出場しなかったパウリ―ニョに、'12年の試合ではテクニカルなミドルシュートを突き刺されている。その後、ビハインドを背負った日本は26分にPKを与えるなどして、最終的には0-4で敗れた。

「ブラジルみたいなチームに、先に1点取られるとキツい。やっぱり」と、試合直後の内田篤人は自らに言い聞かせるように話した。

 '13年6月15日のコンフェデレーションズカップ開幕戦では、キックオフ直後の3分にネイマールのファインゴールを浴びた。6万7000人の観衆のボルテージは、背番号10の先制弾で一気に高まる。スタジアムの空気に呑みこまれた日本は、ほとんどいいところなく0-3で終了のホイッスルを聞いた。結果について問われたキャプテンの長谷部誠は、「自分たちがトライできなかった。トライしなかった」と悔やんだ。

アギーレ前監督も口にした「ミス」という言葉。

 '14年10月14日にシンガポールで対峙したブラジルには、18分に先行を許している。塩谷司、太田宏介、田口泰士、森岡亮太、田中順也、柴崎岳、小林悠らブラジルW杯に出場していない当時の国内組がスタメンに並び、本田圭佑と長友佑都が先発から外れていたことを考えれば、先制点を許すのも想定の範囲内だっただろう。

 痛恨だったのは後半開始直後のワンシーンである。48分、中盤でネイマールにパスを奪われ、そのまま持ち込まれて2点目を喫してしまうのだ。

「点を取りにいこうとしていたところで、中盤でミスを犯してしまい失点した。2点目のダメージが大きかった」とは、試合後のハビエル・アギーレ監督(当時)である。77分と81分にもネイマールにゴールされ、サッカー王国によるレッスンは0-4で幕を閉じた。

【次ページ】 酒井宏「早い時間帯の失点は痛かった」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
サッカー日本代表
ヴァイッド・ハリルホジッチ
長谷部誠
内田篤人
香川真司
森岡亮太
柴崎岳
本田圭佑
長友佑都
酒井宏樹
ネイマール
パウリーニョ
マルセロ
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ