ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

昔話に花を咲かせ、冗談で笑わせ。
ハリルinフランス、自然体の記者会見。

posted2017/11/09 08:00

 
昔話に花を咲かせ、冗談で笑わせ。ハリルinフランス、自然体の記者会見。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

代表発表会見や試合後インタビューのイメージが強いハリルホジッチ監督だが、フランスではまた別の一面を見せている。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 語気を強め、刺激的な言葉を頻繁に発していく。きっと、日本国内でヴァイッド・ハリルホジッチ監督の印象といえば、こんなところではないだろうか。特にメンバー発表の会見で見せる“大演説”は、今やメディアやサッカーファンにはお馴染みの光景。選手の顔ぶれとともに、今度は指揮官が何を発言するかにもその都度耳目が集まる。

 11月10日にブラジル戦、そして14日(日本時間15日未明)にベルギー戦を戦うハリルジャパン。5日から始まったフランス・リールでの練習に先立ち、ハリルホジッチ監督はひと足早く渡仏し、試合に向けたPR活動を行った。

 今回の欧州遠征、その最初の土地・リールは1998年から2002年までの4年間、ハリルホジッチ監督が指揮を取った縁の場所。今でも自宅も構えているほど、愛着ある街だ。日本がブラジルと戦うために、監督として10数年ぶりに当地で指揮を執ることになった。

 地元の方々に向けて行われた会見。そこで目にしたのは、常に柔和な表情を浮かべ、落ち着いて会話をするハリルホジッチ監督の姿だった。馴染みの記者や関係者と談笑し、会見では時折ジョークを交えて笑いを取っていた。

 何より、話すスピードがいつもよりゆったりとしていた。日本ではどうしても通訳を入れるため、短いセンテンスで畳み掛けるような話し方になってしまう。そんな事情も関係していただろうが、とにかくハリルホジッチ監督の佇まいが、柔らかかったのである。

「私が来た当時のリールは2部の最下位だった」

 会見では、昔話に花を咲かせた。

「リールは私が監督として来た当時は2部リーグの最下位だった。スタジアムにも2000人ほどしか観客が入っていなかった。ただ最後は平均18000人も入るチームにすることができた。私にとっての誇りである。

 監督初年度は得失点差で1部には上がれなかったが、そこから1年半後にはチャンピオンズリーグの予選にまで進むチームになった。これは考えられないことだった。当時、短期間で最も成長したチームとも言われた。そのチャンピオンズリーグでは、オールド・トラッフォードでマンチェスター・ユナイテッドとも対戦した。リールの全選手の年俸より、ベッカム1人の年俸の方が高かった。

 試合前日、散歩に出た時に『明日は10失点してしまうのか……いや、そんなことはない』と考えていたことを覚えている。試合前のアップ時には、リールの選手たちは全員相手の選手ばかりを見ていた。相手は雲の上の存在のようだった。試合は残り数分でベッカムにゴールを許して負けてしまった。試合後、みんな我々に『ブラボー』と言ってきたが、私は相手が誰であろうと負けることはうれしくない。これもリールでの思い出です」

【次ページ】 ハリルはリールの街に夢を与えた存在だった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
本田圭佑
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ