球道雑記BACK NUMBER

ドラフト直前の全治6カ月から2年。
日本ハム2位西村天裕を支えた人の輪。

posted2017/11/02 11:45

 
ドラフト直前の全治6カ月から2年。日本ハム2位西村天裕を支えた人の輪。<Number Web> photograph by Ryotaro Nagata

高校生の清宮や東大の宮台に脚光が当たったドラフト会議。だが、社会人野球界のスター選手である西村は、即戦力として大活躍する可能性が高い。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Ryotaro Nagata

 怪我を負ったのはプロ志望届を提出してから1週間も経たない週末のリーグ戦だった。

 今から2年前の2015年10月3日、サーティーフォー相模原球場。

 当時、帝京大学の4年生だった西村天裕(たかひろ)は、チームの関東大会出場まで、もう後がない大切なマウンドを任されていた。

 大学生活の集大成ともいえるこの日の試合。自然と気持ちも入った。

 初回から8回まで奪った三振は13個を数え、スコアボードには「0」が並ぶ。

 一方で相手側のマウンドには現在、千葉ロッテで活躍する佐々木千隼が上がっていたが、佐々木も西村に一歩も譲らず、帝京打線から10個の三振を奪うなどして無失点。息詰まる投手戦は0-0のまま9回表を迎えた。

 高まる緊張感。攻め手に悩む両チーム。しかし、試合は突如動いた。

打ち取ったはずのプレーでボールが逸れると……。

 先頭打者・桜美林大学の島拓也がセンター前にヒットを放つと、桜美林大ベンチは次打者・中村士朗に送りバントを命じる。しかし、西村も簡単にはそれを許さず2ストライクまで追い込むと、やむなく桜美林大ベンチはサインをヒッティングへ切り替えた。

 結果はショートゴロだった。

「帝京バッテリーの勝ち」と、見ていた多くの者がそう思った。

 しかし、二塁封殺を狙ったショートの送球はセカンドのグラブから若干逸れて、ライト方向で転々とする。

 その隙を狙い一塁走者の島は、がら空きの三塁へと向かうが、慌ててベースカバーに入った西村がボールを切り返して取ろうとした瞬間、走路にスパイクの裏金をとられ、左足をうまく切り返せず、痛みでその場に転倒する。ボールをこぼし、左膝を抱え、うずくまっているその間に、島は本塁まで生還し、均衡は思いもよらない形で崩された。

【次ページ】 ドラフト19日前に負った全治6カ月の重傷。

1 2 3 4 5 NEXT
北海道日本ハムファイターズ
西村天裕
NTT東日本

ページトップ