オリンピックへの道BACK NUMBER

底知れぬポテンシャルの三原舞依。
中国杯で再び世界を驚かせるか?

posted2017/11/02 08:00

 
底知れぬポテンシャルの三原舞依。中国杯で再び世界を驚かせるか?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

ジャパン・オープンでは自身の持つフリーの日本女子歴代1位を上回り、技術点では世界女王メドベデワをも上回る点数を叩き出していた三原。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 努力に裏打ちされた強さ――。

 今シーズン、三原舞依がここまでの大会で見せてきたのは、思わずそう言いたくなるような姿だった。

 三原の2016-17シーズンは、まさに「破竹の勢い」という言葉がふさわしい快進撃だった。

 特にシーズン後半だ。初めて出場した四大陸選手権で初優勝を飾ると、その際立ったスケーティングとともに、世界で広く注目されるような存在となった。

 世界選手権では、エースである宮原知子欠場という状況の下、おそらくは五輪出場枠がかかっていることから来る緊張から、ショートプログラムは15位と思わぬ順位にとどまった。それをはねのけ、フリーでは渾身の演技で総合5位にまで戻したのである。

 1つもミスのない、すべてに加点がつく滑りは、三原の代名詞ともなった「ノーミス」そのものだった。

 さらにシーズン最後の試合、4月の世界国別対抗戦のフリーでは、146.17点という日本歴代最高得点を塗り替える快挙を成し遂げ、喝采を浴びたのである。

 シニアでのグランプリデビューとなったスケートアメリカで、フリーでのミスに悔しさをかみしめながら「この結果に驚いています」と語っていたのが遠い昔のように、驚くほど成長を遂げて、シーズンを終えた。

すべてのスポーツジャンルにある「2年目のジンクス」。

 鮮やかな足取りは、一方で、次のシーズンへのプレッシャーともなり得る。

 他の競技では「2年目のジンクス」という言葉で語られたりするが、鮮やかな活躍であればあるほど、周囲の視線も大きく変わってくる。

 また、「今年は大丈夫なんだろうか」と不安に駆られたり、「やらなければ」と自ら重圧をかけることもあるだろう。

 そのため、2年目に成績が伸び悩むケースが珍しくはないのである。

【次ページ】 「不安、怖さがあったかなと思います」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
三原舞依
宮原知子

ページトップ