“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

日本とイングランド、その差って何だ。
U-17W杯で見えた世界最先端の育成。

posted2017/11/01 10:30

 
日本とイングランド、その差って何だ。U-17W杯で見えた世界最先端の育成。<Number Web> photograph by AFLO

優勝したイングランド代表にはプレミア強豪の下部組織所属選手も多い。そんな彼らと日本はどう戦うのか、今後の焦点となる。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

AFLO

 今回のU-17W杯決勝はイングランドとスペインのヨーロッパ対決となり、イングランドの初優勝で幕を閉じた。

 実は同大会、決勝戦がヨーロッパ対決となったのは史上初のこと。スペインはこの大会において“上位常連組”だが、そのスペインを5-2で粉砕したイングランドは、これまで一度もベスト4以上に入ったことがなかった。参考までに過去の同大会のファイナリストとベスト4に入ったヨーロッパ各国(※マーク)を紹介する。

1985年:ナイジェリア2-0西ドイツ
1987年:ソ連1-1(PK4-2)ナイジェリア ※イタリア
1989年:サウジアラビア2-2(PK5-4)スコットランド ※ポルトガル
1991年:ガーナ1-0スペイン
1993年:ナイジェリア2-1ガーナ ※ポーランド
1995年:ガーナ3-2ブラジル
1997年:ブラジル2-1ガーナ ※スペイン、ドイツ
1999年:ブラジル0-0(PK8-7)オーストラリア
2001年:フランス3-0ナイジェリア
2003年:ブラジル1-0スペイン
2005年:メキシコ3-0ブラジル ※オランダ、トルコ
2007年:ナイジェリア0-0(PK3-0)スペイン ※ドイツ
2009年:スイス1-0ナイジェリア ※スペイン
2011年:メキシコ2-0ウルグアイ ※ドイツ
2013年:ナイジェリア3-0メキシコ ※スウェーデン
2015年:ナイジェリア2-0マリ ※ベルギー

U-17W杯で0-0、PK戦の末に敗れたが……。

 イングランドの躍進は、現在のサッカーシーンにおいて育成年代の重大な変化を意味している。なおイングランドに森山佳郎監督率いるU-17日本代表はフルタイムで0-0、PK戦の末に敗れた。

 グループリーグ初戦から最後まで一度も負けず優勝したイングランドを、結果として一番苦しめたのは日本だった。しかし、ただ「日本は惜しかった。イングランドをあれだけ苦しめたのだから、優勝する力があった」という感想だけでこの大会を片付けてしまってはいけない。

 日本とイングランドの間には明確な差があった。その差は正直縮まったというより、より広がって行く危険性すら感じる。この結果からはヨーロッパの育成年代における“戦術、戦略的発展スピードの速さ”が見えた。

【次ページ】 エジル、ノイアーを輩出したドイツの育成改革。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
森山佳郎
影山雅永
U-17W杯

ページトップ