Number ExBACK NUMBER

「ボウリングに恩返しがしたい」──。
桑田佳祐がNumberの編集長になった理由。

posted2017/10/31 12:00

 
「ボウリングに恩返しがしたい」──。桑田佳祐がNumberの編集長になった理由。<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

text by

瀬尾泰信(Number編集部)

瀬尾泰信(Number編集部)Yasunobu Seo

PROFILE

photograph by

Tadashi Shirasawa

 9月某日。舞台は、都内の某ボウリング場。

 ヒリヒリするような僅差の勝負が続くにつれて、戦いを見守るギャラリーの緊張も高まっていく。

 通算41勝のレジェンド・矢島純一プロは、的確にレーンの状況を読み取り、熟練のフォームから美しい球筋でストライクを重ねていく。

 クールビューティー・名和秋プロは、細身から繰り出す男子顔負けのスピードボールで、ピンをなぎ倒していく。

 名和プロとペアを組む新進気鋭の甘糟翔太プロは、ポケットをえぐるようなスピンの効いたパワーボールで、矢島プロとがっぷり四つの戦いを繰り広げる。

 そして、もう1人──。

スプリットを見事にスペアで沈めてみせた桑田編集長。

 お揃いのボウリングシャツで矢島プロと堂々ペアを組んだ男は、東京ドームや日産スタジアムなど幾多の大舞台で培った強靭なメンタルで、第4ゲームに入るとゾーンに入ったかのようにスコアをつなげていた。

 しかし、第8フレームの1投目で3ピン、10ピンを残してのスプリット。絶体絶命のピンチを迎えてしまう。男はまいったなあ、と両手で頭を抱えて、おどけたジェスチュアをみせるが、視線は真剣そのもの。

 そして次の第2投、クラシックなフォームから繰り出されたボールは狙いすましたかのように3ピンの右側をかすめると10ピンに向かい、ナイスリカバーのスペア!

「おおおお!」

 ギャラリーから歓声と割れんばかりの拍手が起きた──。

 おわかりだろう。この男こそ、今回のNumber PLUS「ボウリング場でカッコつけて」で編集長を務め、そのボウリング愛を爆発させた、桑田佳祐さんなのだ。

【次ページ】 桑田編集長が次々と繰り出したボウリング記事企画!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
桑田佳祐
矢島純一
名和秋
甘糟翔太
原由子
神木隆之介

ページトップ