月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

各スポーツ紙の「ドラフト読み比べ」!
プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。

posted2017/10/31 07:00

 
各スポーツ紙の「ドラフト読み比べ」!プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。<Number Web> photograph by AFLO

ドラフト後には、「豪快な本塁打でファンを魅了できるようになるのが目標」とコメントした安田。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

AFLO

 ドラフト会議の面白さは本番前にこそあると考える。

 スポーツ新聞各紙による「あの球団がこの選手を指名する」とか「隠し玉はこの選手!」という記事は当日の答え合わせが待ち遠しい。無駄な知識かもしれないがそれらがあるとないとじゃまったく面白さがちがうのである。

 当日の12球団指名予想は各紙の取材力発表会でもある。

 最近は「外れ1位」まで掲載していて、今年のように「人気選手のクジを外してからが勝負」という場合は、外れ1位予想はとても貴重だ。

 ここ数年の「ドラフト会議読み比べ」で面白いのがロッテ、日ハム、楽天の動向である。誰を指名するかわからないからだ。

平沢大河も佐々木千隼もロッテが持っていった。

 ロッテは一昨年、楽天と相思相愛と言われた平沢大河(仙台育英)を指名してかっさらっていった。

 ロッテの指名を当てたのはスポニチだけだった。

 昨年は外れ1位で5球団が競合した佐々木千隼(桜美林大)をゲット。

 さて今年は誰に行くのだろう――。ドラフト当日の記事を見てみよう。

「マリンの神に祈る 山室社長」(日刊スポーツ10月26日)

《1位指名は早実・清宮が有力だ。山室社長は名前は伏せたが「高校生野手で。うちはスター不足。日本を代表し、人気と実力を兼ね備えたスターになり得る」と評価した。》

 普通に考えれば清宮のことだと思えるが、いや、同じく高校生野手のスラッガー・安田尚憲(履正社)を匂わせているのかもしれない。

 ロッテなら一本釣りを仕掛けてきてもおかしくない。

 調べてみると東京中日スポーツがロッテの1位指名を「安田尚憲」と予想していた。ロッテの“単独犯”の可能性を考えたのだろう。

【次ページ】 2005年以来、ロッテのクジ引きは勝率6割6分7厘!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
清宮幸太郎
平沢大河
佐々木千隼
安田尚憲
村上宗隆
千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ
読売ジャイアンツ
ドラフト会議

ページトップ