2017年プロ野球ドラフト会議、最も的確な補強ができた球団はどこ?

集計グラフを見る

 10月26日、プロ野球ドラフト会議が開催されました。  早実・清宮幸太郎に7球団が競合し、外れ1位での履正社・安田尚憲など例年以・・・続きを表示

●広島
●阪神
●DeNA
●巨人
●中日
●ヤクルト
●ソフトバンク
●西武
●楽天
●オリックス
●日本ハム
●ロッテ

1-10件を表示 / 全19

すべて| 広島| 阪神| DeNA| 巨人| 中日| ヤクルト| ソフトバンク| 西武| 楽天| オリックス| 日本ハム| ロッテ|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 即戦力投手がどうしても欲しかったところに田嶋、鈴木ということで、即戦力を左腕右腕の両方で獲得できたのは大きい。下位指名もポジション、年齢ともバランスよくまとまっている印象。チーム内の競争が激化されれば、新しいチームに生まれ変わることができるだろう。

    キャプテンさん2017/10/27 15:48に投稿

    4
    そう思う!
  • まず1位でチームに不足している即戦力先発左腕の田嶋を獲得できたのが大きい。2位の鈴木康平もコントロールで勝負できる投手で、田嶋と同様1年目から先発ローテーション入りが期待できる。3位では都市対抗最優秀選手の遊撃手福田周平を指名。下位でも遊撃手を何人か獲得しているし、潰瘍性大腸炎に苦しめられている正遊撃手の安達の負担は間違いなく減る。
    高卒選手でも4位に本田仁海、6位で西浦颯大と将来性豊かな逸材を獲得できた。育成選手にも良い選手が多いし、私自身オリックスファンだが、文句無しのドラフトだったと思う。

    バファローズポンタさん2017/10/27 17:42に投稿

    3
    そう思う!
  • 長い目の将来で見れば日本ハムや中日も楽しみですが、オリックスの補強が来年、再来年と考えると一番的確な気がします。
    即戦力の呼び声高い左右の投手。昨年高卒社会人のドラ1山岡投手が今年活躍したのに田嶋投手が続くか。そして鈴木投手がそこに切磋琢磨して、日本人の若手が金子投手などの先輩たちを脅かしていくのでは。一方で甲子園に出られなかったが本田投手の将来にも期待。
    また一・三塁に内野手が固まってるイメージがあるオリックスで、センターライン寄りの福田選手の指名も内野の強化によかったのでは。
    とにかく4位までの指名がすごくうまくいった印象です。
    あとは投打がもっとかみ合えば、CSどころかその上も狙えるのではないでしょうか。

    するのは苦手見るのは得意さん2017/10/27 22:04に投稿

    3
    そう思う!
  • ドラ1レベルの選手が2人取れた。
    鈴木投手はリリーフ向きだし、2位の石川投手は高校NO.1投手で将来が楽しみ。
    中村捕手が取れなかったのは残念だが3位の高松選手は走力はプロトップレベルの触れ込みだし下手したら2番セカンドで開幕スタメンもありそう。4位以降も俊足好打の選手や甲子園優勝投手も取れた。

    ファルコンさん2017/10/28 07:56に投稿

    2
    そう思う!
  • 左腕王国をさらに強固なものにする狙いがはっきりしていること。内外野のサポートメンバーの補強というウイークポイントを押さえて野手を選択したこと。

    らんららんさん2017/10/27 14:50に投稿

    1
    そう思う!
  • 地域密着型の球団として中村の指名は大正解。2位以降の中途半端な即戦力ではなく、素材重視の投手を中心とした指名も良かったと思う。

    ひでんじろうさん2017/10/27 18:04に投稿

    1
    そう思う!
  •  即戦力の田嶋投手を引き当てたオリックスだと思います。各球団指名した選手は素質もネームバリューもあると思うのですが、開幕1軍は厳しいのでは。田嶋投手は社会人、投手、左腕でほぼ完成形で、先発ローテーション確実でしょう。

    手許 不如意さん2017/11/07 17:36に投稿

    0
    そう思う!
  • やや地味なドラフトであったが、一位指名の村上を捕手または一塁の和製大砲として育ててほしい。また即戦力の社会人、大学からのドラフト組は小川体制でスタートしたヤクルトでの活性剤として期待しています。

    HMクリーチャーさん2017/11/08 10:31に投稿

    0
    そう思う!
  • 亀レスですが、一番的確な補強ができたのは
    オリックスだと思います。

    即戦力左腕のトップクラス、田嶋を獲得できたの
    がほぼ全て。田嶋は西武に行っても面白かったと
    思うが、クジ運の良くないイメージのあるオリッ
    クスが見事引き当てた。プラス 鈴木康も獲得し、
    安達の補強として福田、そして将来性豊かな本田、
    と、完璧に近い補強ができた。山岡、吉田、黒木、
    山本と、最近オリの新人は頑張っているだけに
    数年後が楽しみである。

    次点では、鈴木博、石川、清水を獲得できた中日、
    清宮、西村を獲得できた日本ハム、といったところ
    でしょうか。石川、清水は上手く育てば、になりま
    すが。DeNAの東も良い補強、広島の中村、ロッテ
    の安田はかなり将来が楽しみです。

    しゅうたさん2017/11/08 23:38に投稿

    0
    そう思う!
  • 今季は2位という成績で終われたが、CSでは先発投手が菊池しかいないことがハッキリと浮彫になった。対戦した楽天は初戦を則本で落とすも岸、美馬と連勝し、ファイナルステージでも裏ローテの先発投手で勝てた。
    センターラインが固まり、中村、メヒア、山川と4番を担える選手が複数人いる西武は打撃が落ちることは来季も予想できない。
    点が取れるならあとは守るのみ。エース菊池に続く先発投手。ポスト牧田を期待させるアンダースロー。投手王国を建設して来季は投打の
    噛み合う試合を増やしたい。

    クロさん2017/10/27 15:32に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ