フランス・フットボール通信BACK NUMBER

リベリーがロッベンを殴って大人気!?
バイエルンを支える“ロベリー”の絆。

posted2017/10/22 07:00

 
リベリーがロッベンを殴って大人気!?バイエルンを支える“ロベリー”の絆。<Number Web> photograph by Bernard Papon

ロッベンとリベリーの活躍により、バイエルン、オランダ代表、フランス代表などそれぞれのチームは幸せな時代を過ごせたはずだ。

text by

パトリック・ソウデン&アレクシス・メヌージュ

パトリック・ソウデン&アレクシス・メヌージュPatrick Sowden et Alexis Menuge

PROFILE

photograph by

Bernard Papon

 フランス・フットボール誌9月27日発売号では、パトリック・ソウデン、アレクシス・メヌージュ両記者が、バイエルン・ミュンヘンで今も確かな存在感を示しているフランク・リベリー、アリエン・ロッベンの両ベテランの短いレポートを寄せている。

 21世紀に入ってからのバイエルンの栄光は、つねにこのふたりとともにあった。だが、ふたりの関係は、当初から良好だったわけではない。ひとたびピッチを離れれば、ロッカールームまで含めて険悪であった。そのふたりが、どうして“ロベリー”という愛称で呼ばれるまで今は親密になったのか。長い時間が育んだ物語をソウデンとメヌージュが語る。

監修:田村修一

あのリベリーとロッベンが、お互いを擁護し合う!?

 34歳のフランク・リベリーと33歳のアリエン・ロッベンがバイエルン・ミュンヘンでともにプレーをするようになり8年が過ぎた。

 当初はライバル意識をむき出しにしたふたりも、今はお互いをよく理解しながらチーム内の競争を刺激している。そして確かな存在感を放ち続けている。

 ふたりが互いをいつくしみ合う姿は、とても微笑ましく映る。それはまるで年老いた夫婦が、仲睦まじくいたわりあっているようですらある。

 9月12日に開催されたチャンピオンズリーグのグループステージ初戦でのこと。観客にひどくヤジられたリベリーは、怒りにまかせてユニフォームを投げ捨ててピッチを去った。そんな彼を、ロッベンはこう言って擁護した。

「われわれの目的を達成するために、とりわけチャンピオンズリーグのためにフランクは必要だ。彼のようなワールドクラスの選手は、大試合でこそ存在感を示す」

 リベリーもまたロッベンへの信頼を惜しまない。

「率直に言って時間がたつにつれて僕らの絆は深まり、親密になった。アリエンがいい奴だってことは、心の底から良くわかっている」

【次ページ】 なぜか公私共に仲良くなった、ふたりの激情家。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
フランク・リベリー
アリエン・ロッベン
バイエルン
ルイス・ファンハール
ユップ・ハインケス
ウリ・ヘーネス
レアル・マドリー
ジネディーヌ・ジダン
ビセンテ・リザラズ
ローター・マテウス
カルロ・アンチェロッティ

ページトップ