“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

世界レベルで通用した00ジャパン。
最強イングランド相手にPK戦で散る!

posted2017/10/18 17:00

 
世界レベルで通用した00ジャパン。最強イングランド相手にPK戦で散る!<Number Web> photograph by ZUMA Press/AFLO

敗退決定後、泣き崩れる選手たちもいたが……。若い選手たちにとっては、すでに次の戦いが始まっているのである。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

ZUMA Press/AFLO

“若い選手は戦いの中で成長する”

 U-17W杯ラウンド16。グループEを1勝1敗1分けの2位で通過した“00ジャパン”は、グループFを3戦全勝、1位通過していたイングランドと激突。この一戦は、まさにこの格言が実証されたゲームとなった。

 前半は、いつやられてもおかしくない展開だった。

 オープニングシュートこそ日本が放っているが、それ以降ボールが日本陣内を出ることはほとんどなかった。

 立ち上がりから、イングランドはDFラインでゆっくりパスを繋ぎながら日本が食いついてきた瞬間を狙ってロングボールを入れてきて、日本のDFラインを上下に揺さぶっていた。

 そうしておいて、少しでも日本のDFラインが下がると見ると、一気に攻撃のギアを上げて才能溢れるアタッカー陣がアタッキングサードになだれ込んでくる。

 実際、危ないシーンは何度もあった。

 14分、MF平川怜のミスをかっさらったMFアンヘル・ゴメスがドリブルで仕掛け、FWリアン・ブリュースターにラストパス。ブリュースターのドリブルシュートはCB菅原由勢が身体を投げ出してブロックしてピンチをしのいだ。

 24分にはMF福岡慎平のパスミスをボランチのジョージ・マクイクランがかっさらって一気に仕掛ける。DFがブロックすることはしたが、そのこぼれたボールから再びブリュースターに決定的なシーンを作られている。

 26分には右からMFフィル・フォデンに突破され、折り返しから再びブリュースターの強烈なシュート(右ポストを直撃)。

 28分にも右からフォーデンにシュートを浴びるも、CB小林友希が身体を張ってブロックした。

 イングランドの凄まじい攻撃力の前に日本は完全に飲み込まれてしまい、ミスを連発していたように見えた。

「最後の最後で身体を張れる選手になれ」

 ただ完全に押し込まれる中でも、日本は必ずシュートコースには身体を入れて、ゴールを割らせることは無かった。

 この粘り腰はまさに、森山佳郎監督が2年半の歳月をかけて、チームに「最後の最後で身体を張れる選手になれ」と言い続けてきたメンタリティーの賜物でもあった。

 そしてもっと重要なことは、「あれだけ押し込まれたにもかかわらず、前半ノーチャンスではなかった」ということである。

【次ページ】 久保、上月らのプレーが試合の流れを変えた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
平川怜
菅原由勢
福岡慎平
小林友希
森山佳郎
久保建英
上月壮一郎
椿直起
宮代大聖
喜田陽
アンヘル・ゴメス
リアン・ブリュースター
フィル・フォデン
ナイア・カービー
U-17W杯

ページトップ