海外サッカーPRESSBACK NUMBER

サッカー韓国代表は燃えているか。
W杯に向けての「マッチメイク論」。

posted2017/10/13 17:00

 
サッカー韓国代表は燃えているか。W杯に向けての「マッチメイク論」。<Number Web> photograph by FIFA via Getty Images

現役時代には6回のリーグ優勝とアジアクラブ選手権優勝などのキャリアを誇ったシン監督。五輪代表、U-20代表の監督を務めた後、48歳でA代表の監督に。

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph by

FIFA via Getty Images

「マッチメイク論」について考えさせられる代表ウィークだったのではないか。

 6日のニュージーランド戦後、香川真司による「何の意味のある試合なのか」という主旨の発言が話題になった。10日のハイチ戦は周囲から見れば「対戦相手に困って呼んできたんでしょ?」といった感もあったが、開けてびっくり、相手は個人能力に長け、日本は終盤に必死に1点を奪いに行く展開になった。

 11月に欧州遠征でのブラジル、ベルギーとの対戦が控えている。だから今月はホームで。W杯本戦に向けた新競争を繰り広げるチームのお披露目も意義ありかな、というところだった。マッチメイクに関しては日本がサッカー地図の極東に位置する以上、どこかに落とし所を探らなくてはならない。お金、選手のコンディション、相手国のスケジュール、協会のマッチメイキング能力……エトセトラ。

 そんななか、これについて考えさせられる事例が今回の国際Aマッチデイであった。

 シン・テヨン新監督率いる韓国代表だ。

日本とまったく異なる強化プランを打ち出した韓国。

 同じ極東の国。同じく主力が欧州との長時間移動を強いられる国。そこが打った手は……ぶっ飛んでいた。

“海外組のみで欧州に遠征(というか、メンバーの約4分の1は現地集合)”

“10月7日にアウェーでロシアと対戦”

“10月10日はチュニジアとの対戦を断られ、急遽モロッコとスイスで対戦”

 9月25日に発表された遠征メンバーには、Kリーグ組が完全に抜けていた。

 ゼロ。

 欧州組(6人)のほか、日本(9)・中国(6)・中東(2)でプレーする選手のみで代表チームを構成したのだ。ちなみにGKは3人がすべてJリーガーだった。バルセロナB(スペイン)から他チームに移ったばかりのイ・スンウ(ベローナ/イタリア)、ペク・スンホ(ジローナ/スペイン)は「新チームで適応の時間を与える」(同監督)とし、選出されなかった。

【次ページ】 “海外組のみ”の代表、という奇妙な計画。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
シン・テヨン
イ・スンウ
ペク・スンホ
チ・ドンウォン
ファン・ヒチャン
ソク・ヒョンジュン
キ・ソンヨン
キム・ヨングォン
チャン・ヒョンス

ページトップ