スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

競技力と言葉の豊かさは比例する。
日本サッカーを見続ける92歳に学ぶ。

posted2017/10/15 09:00

 
競技力と言葉の豊かさは比例する。日本サッカーを見続ける92歳に学ぶ。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「アイコンタクト」「間で受ける」「人もボールも動く」……様々な表現が生まれたが、これらの言葉を誰もが即座にイメージできるようにするのが重要だ。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 サッカー日本代表とハイチとの一戦。

 2-0から2-1になって前半戦が終了。

 2-2。

 2-3。

 あれ?

 あらゆる意味で不安が増殖していく。

 このままで、大丈夫なんだろうか?

 アディショナル・タイムで、ようやく3-3。

 ワールドカップ・ロシア大会は、2018年6月14日に始まる。あまり、時間はない。

 強化現場に比べれば、ファンにはたくさん時間がある。そんな時は、スマホも脇に置いて、読書を。スポーツの読書は「観戦能力」をアップさせてくれる。

 特にサッカー本は、様々な言語で書かれており、翻訳も他競技に比べると充実している。今回は、日本のサッカーを考えるにあたって、最良のテキストを取り上げてみたい。

 1924年というから大正13年生まれ、ワールドカップの取材は実に10回を数える賀川浩さんの、『このくにのサッカー 賀川浩対談集』(苦楽堂)である。

日本サッカー発展の鍵は「言葉」と「共存」にある。

 賀川さんは神戸一中(当然、旧制中学のことだ)時代に全国優勝のメンバーだった。従軍経験もあるが、戦後は新聞記者、平成になってからはフリーランスとしてサッカーを俯瞰してきた。

 この本では、あらゆる形でサッカーに関わってきた14人との対談が収められているが、いずれもヒントに富む内容で読んでいて楽しい。

 私が読み通して感じたのは、日本サッカー発展の鍵は「言葉」と「共存」にあるのではないか、ということだ(実は、これはサッカーに限った話ではなく、様々な競技についても言える)。

【次ページ】 岡田武史も、福原愛も感じた強豪国の表現力。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
岡田武史
福原愛
川淵三郎
岡野俊一郎
賀川浩

ページトップ