2017年10月27日(金)まで
このエントリーをはてなブックマークに追加

中日が外国人捕手の獲得を検討。日本で外国人捕手は成功できる?

集計グラフを見る

 今シーズンのセ・リーグで5位に終わった中日ドラゴンズ。来季への巻き返しに向けて、森繁和監督が補強ポイントとして挙げた中のひとつはキャッ・・・続きを表示

このお題に投稿する

●成功できる
●成功できない

最新の投稿
成功できる

通訳もいるし成功しないことはないと思う。メジャーに行ってるダルビッシュやマー君は外国人と組んでるんだからできるでしょ。ただ打撃力があっていい捕手なら日本には来ない。ただドラゴンズは広陵の中村君を指名して育ててほしいなと思う。彼クラスの捕手は ・・・すべて読む

ファルコンさん2017/10/22 19:55
に投稿

1-10件を表示 / 全17

すべて| 成功できる| 成功できない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 適正はあるだろうが、外国人だからといって、あるいは前例がないからという理由で可能性がゼロとは言えないだろう。
    逆のパターンで城島の例もある。
    コミュニケーションにおいて音葉自体が占める割合は10%程度という研究報告もある。投手との信頼関係、日本野球への適応などに対して真摯に取り組む姿勢があれば言語の壁はさほど重要とは思えない。試合中に政治答弁のような多弁を必要とするわけではなく、バッターへの攻め方、気持ちの持ち方、などなど、信頼関係に依拠するコミュニケーションがほとんどでしょう。

    benchfreakさん2017/10/13 11:22に投稿

    3
    そう思う!
  • 体格が大きく、キャッチングが上手ければメリットもありますが、コミュニケーションを含めたデメリット面が大きく、成功するのは難しいのではないでしょうか? 何事も絶対は無いので、コミュニケーション面をサポートできる内野手がいるか、外国人ピッチャー限定で使うなど、条件が揃えば部分的に成功する可能性はある。トータルで見たらやはり日本人キャッチャーの方が無難で、外国人キャッチャーが機能する確率は極めて低いと思います。

    ぱぱさんさん2017/10/14 00:25に投稿

    1
    そう思う!
  • 通訳もいるし成功しないことはないと思う。
    メジャーに行ってるダルビッシュやマー君は外国人と組んでるんだからできるでしょ。ただ打撃力があっていい捕手なら日本には来ない。
    ただドラゴンズは広陵の中村君を指名して育ててほしいなと思う。彼クラスの捕手はしばらく出てこないと思うから。

    ファルコンさん2017/10/22 19:55に投稿

    1
    そう思う!
  • 難しいだろうとは思います。日本人捕手のメジャー挑戦も、他のポジションと比べて、厳しいようですし。
    でも、不可能ではないと思います。ジャイアンツの小林捕手も、マイコラス投手が先発でクローザーがカミネロ投手の時は、試合のほとんどの時間が外国人とのバッテリーです。どんな風に話しているのか不思議ですが、特に支障はないように見えます。
    だから、外国人捕手も日本球界に来られるし、小林捕手はいつでもメジャーに行ける…かな(笑)?見てみたいものですが(^_^)

    sbc07さん2017/10/13 11:30に投稿

    0
    そう思う!
  • コミュニケーションが取れない
    日本の野球の理解に時間がかかる

    ちょいデフおやじさん2017/10/13 13:32に投稿

    0
    そう思う!
  • 貴誌の「成功しますか?」シリーズは、とても曖昧なので、苦慮しています。
    中日さんの場合、今期は低迷しましたが、外国人捕手の採用で順位が上がった時が成功なのか、残念ながら最下位になったけど、外国人捕手は首位打者を取るような成績を残した時が成功なのか、ちっとも打たないけど、チームの防御率が著しく良くなった時はどんな判断をすればいいのか?外国人としかないので、とんでもない選手を連れてくる事も考慮して、成功できる。に投じますが、何か。

    たけまろさん2017/10/13 18:13に投稿

    0
    そう思う!
  • 「打てるキャッチャー」という言葉を各方面で騒ぎすぎです。
    捕手は守備、肩、インサイドワーク、からの打撃で十分。チームの勝率と防御率が捕手の評価です。

    Sugiさん2017/10/13 18:54に投稿

    0
    そう思う!
  • 強打はオプション。強肩でキャッチングが上手い捕手ならば、それだけで十分成功する可能性があると思う。昔、長嶋茂雄が初めて監督になった時、メジャーから捕手を取ろうとしていた、という話を聞いたことがある。当時、野村や森といった頭脳派の捕手全盛にあって、強肩で大きな的の捕手を考えていた、という長嶋はやはり面白いし、野球をよく知る人だったのだと改めて思う。中日にはぜひ実現してほしい。

    o-kunさん2017/10/14 00:36に投稿

    0
    そう思う!
  • 言葉の問題もあるが外国人ならではの性格がネックになるだろう。大概はベストを尽くしているので自分の責任ではなく他に問題があったと言うはずで、投手や首脳陣との信頼関係を築き上げるのは無理であり、即戦力で大活躍なんてまずありえない。仮に来日初年度で三冠王なみの打撃力を発揮したとしても、チームはきっと優勝争いにいないのは容易に想像がつく。このような結果でも成功と言うならならばありえるが、私は捕手として評価できないので「成功できない」一択。

    わっきーさん2017/10/14 08:23に投稿

    0
    そう思う!
  • 日本人だろうが外国人だろうが、捕手だろうが他の野手や投手だろうが、スポーツ選手にとって能力と同じくらい大事なのは「自分とチームにとってベストの結果を得るのに何をすべきか」を考えて行動することではないでしょうか。
    練習することだけでなく、コミュニケーションが必要であれば何度でも意思疎通を図る努力ができるか。そこから何ができるのか、何をすべきなのか。たとえ通訳を交えてでも、リードの考えとか投手の性格とか、お互いにわかろうという姿勢をもってコミュニケーションをとることができれば、台湾・韓国の捕手でも欧米勢の捕手でも、成功することは十分可能だと思います。
    あとは本人よりむしろマスコミやチームが、努力が花開くまで待てるか、それなりに待ったうえで成功か失敗かを論じられるか、ではないでしょうか。各所で求められるものの多い日本野球では、新加入で即成功できる選手はルーキーでも外国人でも希少ですからね。

    するのは苦手見るのは得意さん2017/10/15 18:50に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ