野球のぼせもんBACK NUMBER

井口資仁は王貞治元監督の志を継ぐ。
行く先々で優勝し続けた男の本質。

posted2017/10/11 08:00

 
井口資仁は王貞治元監督の志を継ぐ。行く先々で優勝し続けた男の本質。<Number Web> photograph by Kyodo News

1996年、ダイエーへの入団発表後に、当時の王監督と写真撮影に応じた井口。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 現役に別れを告げるのが信じられないような、かつての若き頃と変わらない豪快かつ力強い弾道だった。

 9月24日、井口資仁は自らの引退試合に花を添える本塁打を放ってみせた。

 しかも2点ビハインドの9回裏、起死回生の同点2ラン。打球はZOZOマリンスタジアムのバックスクリーンのすぐ右に飛び込んだ。

「今まで自分の中で追い続けた右方向の打球を、今年、ずっと追い求めてやってきている。まだまだ出し切れていない。もう一度、強い、大きな打球を目指してやっているんです」

 今年6月の引退発表会見の中で井口はこのように語っていた。

 それを現実にした現役最後の本塁打。

 打った本人は笑顔でベースを一周していたが、見ている方が泣いてしまうような、あまりに劇的でとても美しい放物線だった。

 本塁打は、井口の野球人生の象徴だった。

 だが、その井口が本塁打へのこだわりを捨てたことがある。

 あの時にその決断を下したからこそ、その後の輝かしい野球人生を送ることが出来たのかもしれない。

 それは、プロ入団7年目。まだ福岡ダイエーホークスでプレーしていた頃の話だ。

 まずはもう少し前に遡って、井口の足跡を辿ってみる。

大学野球、五輪、東都三冠王……20世紀最後の大物野手。

 プロ入りする際は“20世紀最後の大物野手”と言われた。

 青山学院大学時代には、今も破られていない神宮球場大学野球記録の24ホーマーをはじめ、アトランタ五輪銀メダリスト、東都大学リーグ初の三冠王などの肩書を引っ提げて'97年のドラフト1位で福岡ダイエーホークスに入団。

 印象的な場面で本塁打を放ち、博多のファンを熱く魅了した。

【次ページ】 「未来のホームラン王」ではなく「意外性の打者」!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
井口資仁
王貞治
千葉ロッテマリーンズ
福岡ダイエーホークス
福岡ソフトバンクホークス
荻野貴司

ページトップ