野球善哉BACK NUMBER

WBC出場を言い訳にしないプライド。
秋山翔吾の“皆勤賞”と首位打者。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/10/09 09:00

WBC出場を言い訳にしないプライド。秋山翔吾の“皆勤賞”と首位打者。<Number Web> photograph by Kyodo News

首位打者もそうだがキャリアハイの25本塁打89打点と、2017年は秋山にとって充実のシーズンだった。

「感性の研ぎ澄まされた選手と過ごす時間が……」

 最終戦を迎える前に、秋山はこう話していた。

「僕はフルイニング出場することにすごく意義を感じています。打順が下位になれば打席は減りますし、欠場すれば打率が下がることはありません。逆に、試合に出てタコり続けることによって(離脱している)柳田に打率が抜かれるかもしれないけど、僕は欠場するつもりはありません。フルイニング出場した結果としてタイトルに届かないのであれば、それは僕に力がないだけのことであって、また努力すればいい。とにかく最後まで戦い続けたい」

 WBCから始まった2017年シーズンをフルイニング出場した上で、いつもと変わらぬ、いや2つのタイトルを手中に収め、今まで以上の成績を残した。そう結果を示したことで「身体を整えながら、グラウンドに立ち続けることができたことへの自信」は彼の中で大きなものとなって生まれたはずだ。

 改めて尋ねた。

 秋山にとってWBC出場の意義とはどんなものだったのか、と。

「WBCのたびに“こんな質問ばかりされるんだろうな”と考えると、ゾッとしますよ、正直。でも、これから4年後、金子侑司やうちの後輩たちが、WBCの代表に選ばれる可能性があります。その時に相談を受けることがあったら“絶対に出るべきだ”と言います。海外の国と試合ができたということも意味がありますが、あのメンバーに入って一緒に時間を過ごすこと。感性の研ぎ澄まされたメンバーと過ごす時間が非常に貴重だったと僕は思っています」

 14日からはチームとして4年ぶりのポストシーズンに挑む。

 まだシーズンは終わっていない。球界屈指のヒットメーカーは、WBC戦士のプライドを保ち、グラウンドに立ち続ける。

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
秋山翔吾
埼玉西武ライオンズ
WBC

ページトップ