野球善哉BACK NUMBER

WBC出場を言い訳にしないプライド。
秋山翔吾の“皆勤賞”と首位打者。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/10/09 09:00

WBC出場を言い訳にしないプライド。秋山翔吾の“皆勤賞”と首位打者。<Number Web> photograph by Kyodo News

首位打者もそうだがキャリアハイの25本塁打89打点と、2017年は秋山にとって充実のシーズンだった。

球団の方針で辞退して結果を出したとしても……。

 秋山は強化試合中に足の指にヒビが入るケガを負いながら、チームに帯同し続けた。シーズンへの影響を考慮して辞退も考えられたが、WBCに選ばれることを光栄に思い、メンバー入りして戦った。だからこそシーズンを走り切ることの意義を誰よりも感じていた選手だった。

 秋山は、こんな話をしている。

「日本ハムの大谷(翔平)くんはケガの影響で辞退しましたけど、もしそうではない形で辞退した選手がいたとしたら、どう思いますか? シーズンのことを考えて、あるいは球団の方針で辞退して、シーズンで結果を出したとしても自分として成功したと言えるのか。僕はWBCの戦力になるだけじゃなくて、シーズンに入っても結果を残せる選手だということを見込んで、代表には呼ばれているわけですから。国のために戦い、多くのファンが見てくれた中でやれたので、その後の成績について言い訳を口にするつもりはないし、むしろ(WBC出場は)プラスにしかならないと思う」

ケガは野球の中で常に付きまとうアクシデント。

 もっとも、秋山のケガがシーズンに与えた影響は少なくない。9月になると秋山の成績やパフォーマンスはやや失速したが、それは「本来やるべき時期に練習ができなかったことの影響」と本人は認めている。

 だが、それは秋山にしてみれば「ケガをしたこと」はWBCに関係なく、野球の中で常に付きまとうアクシデントだと受け止めている。

 それでも、彼は試合に出続けた。

 シーズン1試合を残して西武は2位を確定させていた。そしてタイトル争いを考えれば、試合に出場しないのも1つの方法だったが、秋山にはそんな気はさらさらなかった。

【次ページ】 「感性の研ぎ澄まされた選手と過ごす時間が……」

2/3ページ
関連キーワード
秋山翔吾
埼玉西武ライオンズ
WBC
クライマックスシリーズ

ページトップ