メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

シカゴでも「引退セレモニー」が開催。
なぜ井口資仁はメジャーで評価されたか。 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/10/10 08:00

シカゴでも「引退セレモニー」が開催。なぜ井口資仁はメジャーで評価されたか。<Number Web> photograph by Kyodo News

ロッテの監督就任が噂されるが、「またこっち(米国)に来てユニホームを着たいというのが最終目標」と語った。

「そういう選手を育てて、米国に送り込んでいきたい」

「野球に対する姿勢、ハングリーさは日本と違う。米国でいろいろな経験ができたことは、自分の財産になっていると思います」

 '17年の段階で、日本人野手は外野手のイチローと青木宣親の2人だけ。だからといって、井口は悲観していない。天然芝、ジャンピングスローなど、内野手が適応するためのハードルは少なくない。ただ、的確な準備と指導があれば超えられないわけではない。

「基本的なことは、日本はしっかり教えている。そこから先の応用がまだ足りない。そこを指導していくのが自分たちの仕事。そういう選手を少しでも育てて、米国に送り込んでいきたいですね」

 キーワードは、自己犠牲の精神と技術的な対応。

 常にチームに必要とされる役割を果たした井口の経験は、指導者となる今後、着実に伝承されていくに違いない。

関連コラム

<< BACK 1 2 NEXT >>
2/2ページ
関連キーワード
井口資仁
シカゴ・ホワイトソックス
千葉ロッテマリーンズ
オジー・ギーエン
イチロー
青木宣親

ページトップ