プロ野球CS導入から10年――。今、あなたはCSに賛成or反対?

集計グラフを閉じる

 プロ野球秋の風物詩として定着しつつあるクライマックスシリーズ(CS)ですが、導入当初は反対の声も多くありました。  ペナントレー・・・続きを表示

●賛成
●反対

1-10件を表示 / 全39

すべて| 賛成| 反対|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 何故反対する必要があるのか?プロ野球は「興行」です。試合の価値を高め、お客さんを増やすことが最大の目的です。CSの導入により、消火試合が減り、そしてCSという新たな価値が生まれ緊迫する試合が提供できたのは無能なNPB最大の功績ですよ。リーグの価値がなくなるという表現が多いですが、リーグ優勝というものはなくならないですし、日本シリーズに一番優位な立場で望めるというアドバンテージもあります。充分な内容です。まぁ確かにリーグ3位や負け越しのチームでも日本一になれるのはちょっと疑問がありますが、CSの内容は変化することはあるでしょうが、CSというブランドを無くすことは百害あって一利なしです。
    他のスポーツでもいかに興行が盛り上がるように参加チームを増やしたり、新たな試合を加えていくことは行っています。もっとCSの試合数を増やしてもいい位ですよ。

    chiroさん2017/10/07 12:48に投稿

    5
    そう思う!
  • ペナントレースの重みがなくなる
    各リーグ6チーム中3チームが参加するのは、下位チームにハンデがあるとはいえ多すぎる。
    特に今年のようにセパともにぶっちぎりでリーグ優勝をしたチームが仮に日本シリーズ進出を逃すようなことがあった場合、選手、ファンともに納得しきれないと思う。勝った方も心底喜べるかは疑問。
    メリット、デメリットを考えた場合、そもそもメリットが思い浮かばない。

    benchfreakさん2017/10/06 08:00に投稿

    4
    そう思う!
  • ただの集客のためで、大リーグのようにたくさんのリーグがあるのならまだ意味があるが、リーグ戦自体の意味の低下を起こすのみであると考える。

    りんさん2017/10/05 15:36に投稿

    3
    そう思う!
  • 条件付賛成かな。
    確かに長丁場のペナントレースの価値が薄れてしまうという弊害はあるが、プロ野球は単なる勝敗優劣を決めるだけではなく、勝負事として魅せつつビジネスとしてまわしていく必要がある。
    その意味ではプレーオフ制度自体には賛成だが、12チーム中6チームがプレーオフ進出というのはユルすぎるし、同一リーグ内でプレーオフをしていては、ペナントレースの価値は当然薄れてしまう。
    143試合も戦って、同じ相手とも25試合も戦って、それでもなおCSという順位付けが必要なのかと。

    セパ両リーグの優勝チームと、勝率の高い2チーム(これが同一リーグでもかまわない)の4チームによるアドバンテージ有のたすき掛けトーナメントが妥当では?

    61さん2017/10/06 08:25に投稿

    3
    そう思う!
  • 消化試合が減ったのは言うまでもありませんが、何より醜いタイトル争いがなくなったと思います。
    敬遠合戦や相手の打率を見ながらの出場云々。
    そんなわけで、タイトルの価値はもしかしたら上がったかも。
    しかし、ペナントの価値は・・・という点では、改善の余地が大いにあると思います。

    個人的には、シーズン最終盤まで観戦する試合が増えたので、部分的賛成ってことですかね。

    どらいちさん2017/10/06 18:29に投稿

    3
    そう思う!
  • 消化試合がほとんどなくなったのがCS最大の功績。


    例えば今年のセでCSがなければ、夏にはほとんどのチームがモチベーションをなくしているはずなので、9月どころか8月半ばには優勝してしまっているはずです。そうなれば、残りの試合は全部消化試合です。

    優勝は遠くてもCSがあるから、モチベーションが保てて、その結果、最後までいい試合が続くわけで。

    メジャーでも下位は夏過ぎると来年に向けて半分勝負度外視の雰囲気になっていますが、そんな状況がこちらでも夏過ぎから始まってしまうのでは優勝争いも1位がそのまま逃げ切り、みたいな状況が多発すると思います(昔はそうだったのか調べてないですが)。


    そんなシーズンがおもしろい?
    もちろん、シーズンの間延び防止とか改善すべき点はたくさんありますがね。


    個人的には、巨人V9時代の巨人以外のセリーグファンに意見を聞いてみたいところです。

    BCDさん2017/10/10 22:15に投稿

    3
    そう思う!
  • 半年間のリーグ戦の価値のあまりの低さに絶望してしまいます。
    また、プレーオフのゲームも結構あるので、日本シリーズまでに飽きてしまいます。

    たけまろさん2017/10/06 12:52に投稿

    2
    そう思う!
  • 野球シーズンが長くなり、楽しみが増えた。しかし、シーズンが進むにつれ、優勝争いではなく「3位を目指す」あるいは「自分の球場でのCS開催を目指す」となるのはいかがなものかと思っています。
    中には、3位以内を目指すと平気で言うチームや監督までいるような気がします。これはあり得ない。
    緊張感、緊迫感のある試合がたくさん見られるという意味では賛成のシステムですが、3位以内を狙うなんて、やる前から優勝を放棄するようなチームが出てはいけないと思います。

    ちょいデフおやじさん2017/10/06 13:07に投稿

    2
    そう思う!
  • シーズンが間延びするので反対。
    日本シリーズが終わるのが11月の中旬になってしまう。ポストシーズンだけで2か月近いのはちょっとなぁと思う。雨が多い年なんかはCSと消火試合をやるはめになりかねないですよ。昔も日本シリーズ中に消化試合があったりしたと思うけどこれを助長するのではないでしょうか?個人的にはレギュラーシーズンが均衡して展開されてほしいです。試合日程をもっと詰めたりダブルヘッダーにしたりしてメリハリのあるシーズンになるのを望みます。

    伊藤 克也さん2017/10/06 13:59に投稿

    2
    そう思う!
  • 優勝が決まってからの2位争いや3位争い。
    最後まで真剣勝負のシーズンが見られるだけで、大きな価値があると思います。

    ものさん2017/10/06 18:11に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ