サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

誰を呼ぶかよりも、どこに呼ぶか。
ハリル10月招集の優先順位は?

posted2017/09/28 07:00

 
誰を呼ぶかよりも、どこに呼ぶか。ハリル10月招集の優先順位は?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

三浦弦太、久保裕也、中村航輔に小林祐希……これまで出番が限られた選手にとって10月の連戦は千載一遇のチャンスとなるか。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 注目すべきは誰を呼ぶのかではなく、どのポジションに誰を呼ぶのか、である。

 10月にニュージーランド、ハイチとのテストマッチを控える日本代表のメンバーが、9月28日午後に発表される。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はロシアW杯の出場決定を受け、今回の2試合はテスト的要素を含むことを示唆している。本田圭佑をはじめとする何人かの主力選手が、招集を見送られるようだ。対戦相手の実力を考えても、妥当な判断と言っていい。

 テストにはふたつの側面がある。

 ひとつ目は、ポジションに厚みを増すためのテストだ。現在の日本代表では、センターバックがこれに当たる。

 最終予選のラスト3試合でコンビを組んだ吉田麻也と昌子源に続く3人目のセンターバックは、オーストラリア戦とサウジアラビア戦の2試合に招集された植田直通なのか、三浦弦太なのか。あるいは、彼ら以外の最終予選に予備登録されていた選手なのか。UAEのアル・アインで4バックのCBを務めている塩谷司、スペイン2部のヒムナスティックで3シーズン目を過ごす鈴木大輔らは、テストに値する選手と言えそうだ。

 GKもテストが許されるポジションだ。東口順昭と中村航輔に、1試合ずつ任せていい。

実は適任者を見つけにくい、SBのバックアッパー。

 右サイドバックもテストが求められる。酒井宏樹への依存度が高いのだ。

 内田篤人が戦列に復帰すれば、状況は一気に改善される。ただ、シャルケからウニオン・ベルリンへ移籍したこの29歳のコンディションは、慎重に見極めていくべきである。代表復帰を検討するのは、もう少し先になるだろう。

 ならば、誰をテストするのか。実は適任者を見つけにくい。

 最終予選の予備登録メンバーを見ると、ハリルホジッチ監督は室屋成や松原健に興味を抱いているようだ。ただ、室屋はケガからの回復過程にある。所属するFC東京が3バックを採用しており、彼の定位置が右アウトサイドというのも、気になるところかもしれない。

【次ページ】 塩谷と鈴木を薦めたいのは右でも想定できるから。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
植田直通
三浦弦太
塩谷司
鈴木大輔
東口順昭
中村航輔
室屋成
松原健
宇佐美貴史
香川真司
清武弘嗣
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ