日々是バスケBACK NUMBER

田臥勇太とライアン・ロシターの縁。
2人の出会いで生まれた相乗効果。

posted2017/09/28 10:30

 
田臥勇太とライアン・ロシターの縁。2人の出会いで生まれた相乗効果。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

Bリーグ初代王者に輝いた昨季、ロシターは1試合平均17.3得点13.3リバウンドを記録し、リバウンド王を獲得した。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 Bリーグ初代チャンピオンの栃木ブレックスを支えるリーダーといえば、田臥勇太とライアン・ロシターのコンビだ。4年前からチームメイトとして組んでいる2人は、お互いのプレーや性格を理解しあい、その時々のチーム状況を見定めながら、協力して舵を取っている。2人の間にそれだけの信頼関係が築かれたのは、単に4年間という年月だけが理由ではなかった。

 始まりは4年前、ロシターがブレックスと契約する少し前のことだった。ニューヨーク育ちで、シエナ大を出た後、1年はフランスのチーム、もう1年はNBA傘下のDリーグ(現Gリーグ)でプレーしていたロシターは当時、日本のリーグについても、文化についても何も知らなかった。それでもブレックスと契約する決断をした決め手となったのは、田臥との電話での会話だった。

 ロシターは当時を振り返る。

「あの時、勇太と電話で1時間くらい話したんだ。彼は僕のプレー動画を見たらしく、いっしょにプレーしたいと言ってくれた。そう言われて、ここに来るのがすごく楽しみになった」

田臥がアメリカでプレーしていた時の縁が……。

 実は、ロシターと田臥は不思議な縁で結ばれていた。ロシターの代理人のジャレン・アカナは、田臥がブリガムヤング大ハワイ校でプレーしていた時のアシスタントコーチで、その後、NBAに挑戦した最初の秋にデンバー・ナゲッツのトレーニングキャンプに参加したときには、ナゲッツのアシスタントコーチでもあった。その後アカナはエージェント業に転職し、今では田臥の代理人も務めている。

 アカナからの紹介でロシターのDリーグでのプレー動画を見た田臥は、ひと目見て彼のプレースタイルが気に入り、ぜひいっしょにプレーしたいと思ったのだという。

「彼は昔から今のようなタイプの選手だったんですよ」と田臥は言う。賢く、長身の割に器用で、冷静で、それでいて手を抜くことなくハッスルプレーでチームを支える──。チームメイトになると頼もしく感じるタイプだ。田臥も、「彼といっしょにやるようになってもう5年目ですけれど、頼もしいですね」と言う。

 ロシターはといえば、最初に電話で話すまで、田臥についてほとんど知らなかった。

【次ページ】 ロシター「彼はいつもディフェンスより2歩先を見てる」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
田臥勇太
ライアン・ロシター
栃木ブレックス
Bリーグ

ページトップ