Number ExBACK NUMBER

Bリーグ連覇に挑む栃木ブレックス。
田臥勇太が話すシンプルな強さの源。

posted2017/09/25 11:30

 
Bリーグ連覇に挑む栃木ブレックス。田臥勇太が話すシンプルな強さの源。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

昨季に続きチームの中心となる田臥勇太とライアン・ロシター。コート内外での彼らの求心力がチームの結束の要だ。

text by

後藤茂仁(Number編集部)

後藤茂仁(Number編集部)Shigehito Goto

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 昨季、Bリーグ初代王者に輝いた栃木。その強さの本質を示す象徴的なシーンとしてたびたび語られ、今回の取材でもたびたび話題となったのが、ファイナルの第4クォーター終盤、田臥勇太とジェフ・ギブスが追った、2つのルーズボールだ。

 残り16秒、85-79で栃木が6点リードし、勝利をほぼ手にしたと皆が思うなかで、リバウンド争いからコート外へ飛んだルーズボールを追い、田臥は迷わず客席へと飛び込んだ。さらに残り8秒、今度はそこまでに両チームトップの25得点をあげていたギブスが、同じくルーズボールを追ってコート外へとダイブ。彼はそれにより負傷交代となり、試合後、左足のアキレス腱を断裂していたことが報道された。

 点差と残り時間を考えれば、無理にボールを追う必要はなかったかもしれない2つの場面。しかし栃木は最後までそのアグレッシブな姿勢を貫き、結果、王者の座を手に入れた。

技術やうまさだけでは感動は生まれない。

「今季、チーム練習に入る前の最初のミーティングでも、選手たちには『あのファイナルでのルーズボールが栃木のよさだ』と伝えました。ああいうアグレッシブなプレーに対してチームのみんなが賞賛し、全員で互いをカバーしあう。どんな苦しい状況でも、そういうことは絶対に徹底しようと話しています」

 元日本代表ヘッドコーチで、この7月に新たに栃木の指揮官となった長谷川健志はそう話す。まずはチームファースト。そのうえで「他のどのチームよりも、アグレッシブでスピーディーなバスケットを見せたい」と言う。

 栃木のファンは熱いことで有名だが、長谷川HCはそうしたファンを持つチームを率いることについて「技術やうまさだけでは人を感動させられない」とも語る。「バスケットのファンに喜んでもらうためには、まずは攻守ともに積極的に、そして絶対に“チームとして”戦うこと」が大事だという。

【次ページ】 千葉の富樫勇樹が口にした、選手同士の信頼の差。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
Bリーグ
栃木ブレックス
田臥勇太
ジェフ・ギブス
長谷川健志
ライアン・ロシター
竹内公輔

ページトップ