Number ExBACK NUMBER

五十嵐、川村、そしてレジェンド折茂。
Bリーグとホームタウンの幸福な関係。

posted2017/09/21 17:30

 
五十嵐、川村、そしてレジェンド折茂。Bリーグとホームタウンの幸福な関係。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

日本バスケットボール界の顔であり、Bリーグ初代王者栃木の中心である田臥勇太。彼の存在が、多くの選手の手本になっている。

text by

瀬尾泰信(Number編集部)

瀬尾泰信(Number編集部)Yasunobu Seo

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 9月29日、2年目のBリーグがいよいよ開幕する。

 田臥勇太率いる栃木ブレックスの連覇はあるか。進境著しい富樫勇樹のプレーが冴え渡る千葉ジェッツ、馬場雄大やランデン・ルーカスなど新戦力充実のアルバルク東京、実力者を揃えた琉球ゴールデンキングスが一矢報いるか。あるいは思わぬチームが抜け出すか──。

 今回Numberは、新シーズンのオフィシャルガイドブック『Number PLUS  B.LEAGUE 2017-18 OFFICIAL GUIDEBOOK』を刊行。B1からB3まで全45チームの完全名鑑はもちろんのこと、B1の18チームについては全チームの主力選手にインタビューを行い、プロリーグの舞台で戦えたことの喜びと、リーグ2年目への決意をじっくり語ってもらうことができた。

 数多くの選手の「生の声」に接して、感じたことがある。

 Bリーグの選手たちとホームタウンの「幸福な関係」だ。

新潟で五十嵐圭がはじめて感じたホーム感。

 たとえば、新潟アルビレックスBBと、五十嵐圭。

 2006年に日本で開催されたバスケットボール世界選手権の主力メンバーの1人であり、スピードあふれるプレーはもちろん、端正なルックスと爽やかなキャラクターで一躍人気者になったバスケ界の貴公子は、Bリーグ元年を故郷・新潟のチームで迎えた。

 個人のプロ選手としてはすでに10年ほどのキャリアがあるが、昨季の本拠地開幕戦、ホームアリーナ「アオーレ長岡」を埋め尽くした観客に驚かされたという。

「プロチームで、ホーム&アウェーでやる試合として、はじめてホーム感を味わうことができました」──。

 もともと新潟はバスケ人気が高く、JBL時代に試合で訪れた際にも、目の肥えたファンの熱気は十二分に感じていたという。その熱気を味方につけてプレーすることの興奮と充実。昨季、五十嵐は36歳にしてこれまでのキャリアで最も長いプレータイムを記録したが、それはもちろんブースターの後押しがあってのこと。「(新潟に)来てくれてありがとう」と街中で声をかけられることの喜びは、これまでも多くの声援を受けてきた五十嵐にとっても新鮮で、これまでとは違ったモチベーションを得るきっかけとなっている。

【次ページ】 川村卓也は、横浜を「バスケどころ」にしたい。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
Bリーグ
田臥勇太
折茂武彦
川村卓也

ページトップ