大谷翔平はメジャーでも“二刀流”で成功する?

集計グラフを見る

 日本ハムの大谷翔平が怪我から復帰し、投手・打者の“二刀流”で結果を出してあらためて怪物ぶりを発揮しています。 ・・・続きを表示

●“二刀流”で成功する
●投手に専念なら成功する
●打者に専念なら成功する

1-10件を表示 / 全20

すべて| 二刀流| 投手に専念| 打者に専念|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • ベーブ・ルース以来と言っても、ルースでさえピッチャーだったのはキャリアのほんの最初の頃だけ。ルースはバッターとしてのキャリアの方が圧倒的に長い。
    つまりMLBでも本格の二刀流というのは前例がないのだから、何をもって成功と言うか難しいところだが、ヤンキースのジラルディ監督が指摘したように「野手として登録して、ピッチャーの登録枠にもう1人ピッチャーが入れられる。ピッチャーが出来る野手というのはそういう意味からも魅力的だ」という道がある。そうなればチームの戦力は広がるし、戦略的にもこれまでにない形ができる。
    そうなればまずは成功ではないか。
    かつてイチローが、スモールベースボールを持ち込んでメジャーリーグにインパクト与えたような活躍が可能かも知れない。
    二刀流に挑戦できるのは大谷だけ。
    ならばまずは挑戦すべき。
    かつて長く住んだ経験から言っても、アメリカはそれを必ず受け入れてくれるだろう。

    Gold-jacketさん2017/09/21 14:20に投稿

    3
    そう思う!
  • いくら二刀流を見たいと言っても、そもそも投手だけでも過酷すぎて潰されないか心配。ダルビッシュ、田中、また以前は松坂と言った抜群の才能や身体の強さを持った一流選手が、1年目~3年目くらいまでで肘を壊していることをことを考えれば、せいぜいDHのないリーグで、打撃の良い投手として見るまでの期待を抱いた方が良いよ。

    knsttsnkさん2017/09/15 21:26に投稿

    2
    そう思う!
  • 必要な筋肉やトレーニングが投手と打者とで重なってこない部分もありますし、休養という意味でもどちらかに専念したほうが成功する可能性は高いかもしれません。
    ただ大谷選手本人も二刀流でできることを望んでいるようですし、守備の問題はあるかもしれませんが、チームが選手起用をうまくできればベンチ入り選手を1人増やすことも可能になるのではないかと。もちろんやり方次第ですが、大谷選手個人だけでなくチームにとっても二刀流はプラスになる部分があるはずです。
    そういう点ではシーズン70本塁打とか、Max170km/hとかを目指すのでなければ、二刀流でも十分やっていけるのではと思いますし、期待したいです。そうですね…例えばシーズン12勝、防御率2点台後半、打率3割、80打点とかなら同一シーズンでやってしまうのかなあ、なんて。

    するのは苦手見るのは得意さん2017/09/15 23:44に投稿

    1
    そう思う!
  • まず初めに、私は大のサッカーファンで野球には疎いです。
    そして私がメインで観戦している欧州サッカーでは、有名な選手や大物選手にはかならず得意な型や武器があります。
    それらは自己をアピールする上で最も重要なファクターであり、勤勉だの何だのともてはやされ、非常に使い勝手の良い日本人選手が大成しない理由もここにあります。

    大谷選手は非常に体格に恵まれており、破壊力のある投球は日本人離れしていて素晴らしいです。
    ですが挑戦するメジャーリーグでは、大谷選手のような人はごろごろいるでしょう。
    そんな中で大谷選手が大谷選手たりえる要素は何かと考えると、投打に計算できる稀有な才能なのではないかと思います。

    takeo999さん2017/09/16 01:37に投稿

    1
    そう思う!
  • 二刀流が良いよ。ではなく、どちらでも専任したら良い結果が出せると思っています。個人の思いとしては、長く打者専任です。どうか、よろしくお願いします。

    たけまろさん2017/09/18 16:21に投稿

    0
    そう思う!
  •  ベーブルースが活躍していたころは、現在のように分業化されておらず投げて打って走ってというベースボールの3要素を兼ね備えた選手がごろごろいたんではないですか。医療の世界でも臓器別の診療から総合診療科ができたようにサムライ二刀流いいですね。

    手許 不如意さん2017/09/20 11:20に投稿

    0
    そう思う!
  • 成功の基準がわからないが、あれだけの逸材を両方で使わなければもったいない。

    chiroさん2017/09/21 21:43に投稿

    0
    そう思う!
  • NPBで史上最高の逸材。
    現時点で投手では国内NO.1。打者としてもトップクラス。
    それもまだどちらも未完成の状態。
    マー君やダルビッシュは全盛期に行ったが、彼はまだ成長期であることを考えれば日本人初のサイヤング賞も夢ではない。
    行った先のチームにもよるが二刀流のまま見てみたい。

    ファルコンさん2017/09/27 11:45に投稿

    0
    そう思う!
  • 誰もやっていないことをやるパイオニアでありたい、というのが大谷選手の野望であったと記憶しています。

    sakamotoさん2017/09/14 14:21に投稿

    0
    そう思う!
  • ストレート 変化球のキレはMLBでも通用すると思う。

    かつさん2017/09/14 15:33に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ