スポーツのお値段BACK NUMBER

高騰する移籍金はどこから出てる?
ネイマール290億円移籍の背景。

posted2017/09/13 11:00

 
高騰する移籍金はどこから出てる?ネイマール290億円移籍の背景。<Number Web> photograph by AFLO

ネイマールだけでなくムバッペが加わったPSG。カバーニを含めれば移籍金にして“570億円トリオ”である。

text by

並木裕太

並木裕太Yuta Namiki

PROFILE

photograph by

AFLO

2億2200万ユーロ(約290億円)

(ネイマールの移籍金)

 近年、欧州サッカー界における移籍金の額が高騰しています。

 昨夏は、ユベントスに所属していたポール・ポグバに対し、マンチェスター・Uが当時の史上最高額となる8930万ポンド(約127億円、1ポンド=142円換算)もの値をつけました。

 今夏もロメル・ルカクが7500万ポンド(約107億円・エバートン→マンU)、カイル・ウォーカーがDFとしては当時史上最高額とされる推定5000万ポンド(約71億円・トッテナム→マンC)、エデルソンがGKとして歴代2位となる4000万ユーロ(約52億円、1ユーロ=130円換算・ベンフィカ→マンC)で移籍を果たしています。

 そして、最大の注目を集めたのがネイマールでした。文句なしの史上最高額、2億2200万ユーロ(約290億円)で、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が実現しました。

 なぜ移籍金はこれほど高騰しているのか? このお金はいったいどこから出てくるのか?

 今回は、その背景を考察してみたいと思います。

5年間の増収分の半分を、移籍金が占めている概算。

 まず言えるのは、欧州サッカー界全体が成長を続けている、ということです。

 2010~2015年にかけて、欧州主要リーグのクラブチームの収入は年平均約6%で成長。この間、移籍金総額は年平均約8%の伸びを見せています。

 また別のソースを見ると、2010-11シーズンから2016-17シーズンにかけての6年間で、欧州5大リーグに属するクラブの収入は年平均約9%成長。移籍金総額は年平均約18%も伸びています(図参照)。

 収入における移籍金の割合は25%前後ですから、データを用いて単純化すると、「100」の収入が1年後に「109」となり、「25」の移籍金は(年率18%で)「29.5」になった、ということになります。あくまで概算ですが、増収分の半分を移籍金が占めている計算です。

【次ページ】 中国、アメリカによる獲得競争のグローバル化。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ネイマール
ロメル・ルカク
パリ・サンジェルマン

ページトップ