ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

アメリカを驚かせた井上尚弥の力。
世界ランカーが逃げることしか……。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2017/09/11 11:30

アメリカを驚かせた井上尚弥の力。世界ランカーが逃げることしか……。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

日本ボクシングにとって、祝福すべき夜だった。

 今回の井上はアメリカ初上陸で、いわば顔見せ的な出場という位置づけだったことは、書いておかねばなるまい。顔見せが終了し、次回からはいよいよ井上が望む「白熱した試合」が期待される。

 井上自身、対戦相手をおいておけば、会場の雰囲気、リング上に送られる声援、そしてアメリカの空気は大いに気にいったようだ。

「アメリカにもこんなにファンがいるのかとうれしく思った。これからもっといい試合をしてファンも増やしていきたい」

 陣営では年3試合のうち1試合は海外のリングに上がるプランを立てている。今回の試合は、やはりゴンサレスのリターンマッチ、井上の前に行われた2人のメキシカン、フアン・エストラーダとカルロス・クアドラスによる一戦のほうが盛り上がりは大きかった。

 1年後、あるいは2年後、井上がメインを張り、アメリカ人やメキシコ人のファン、さらには映像を通じて世界のファンから大歓声を受けている可能性は大いにある。その第一歩を踏み出した昨晩は、日本のボクシングにとって祝福すべき夜だったと思う。

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
井上尚弥

ページトップ