球道雑記BACK NUMBER

打てる捕手・阿部慎之助の後継者!?
プロ2年目、宇佐見真吾とは何者か。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/09/12 11:00

打てる捕手・阿部慎之助の後継者!?プロ2年目、宇佐見真吾とは何者か。<Number Web> photograph by Kyodo News

9月5日の対中日戦。9回裏に、まるでゴルフスイングのようにして同点2ランを放った宇佐見。

宇佐見の投打の才能に惚れ込んだ佐藤監督。

 宇佐見と佐藤が出会ったのは、宇佐見が市立柏高に籍をおいているころだった。

「(最初に見たときは)彼がキャッチボールをしていたんですけどね、とても柔らかい体の使い方で、『スムーズなキャッチボールをする選手だな』という印象でした。それとバッティングですよね。これもとても柔らかい。器用な選手だなって感じたのが第一印象ですね」

 宇佐見が城西国際大学に入学すると、1年秋にはそれまで正捕手を務めていた4年生のキャプテン・深瀬啓太を外野にコンバートさせてまで、宇佐見を正捕手として起用した。それほどまでに佐藤は、宇佐見の才能にほれ込んでいたのだという。

「キャッチャーですし当然、最初はミスも出るだろうと予測はしていました。ただ春の段階で『これはうちの正捕手としてやっていくだけの素材だ』と、スローイングやバッティングを見て思いましたし、なによりキャッチャーとしての雰囲気を感じましたよね。これはうちの財産になるなと感じましたね」

佐藤監督は、プロ入りを見越して鍛え上げた。

 その期待通り、宇佐見は千葉県大学野球連盟で次々と結果を残していく。

 宇佐見が正捕手として迎えた最初の秋のリーグ戦で初の連盟ベストナインに選出、打撃と守備の両面でその才能をいかんなく発揮した。

 2塁スローイングが1.8秒というプロ顔負けの素早さは、相手チームにも恐れられ、宇佐見が上級生になる頃には同連盟で、盗塁を仕掛けてくるケースがほぼなくなっていたという。

 さらにバッティングは、右手一本でも左中間を割る打球を打てるほど、入学当時から非凡な才能を発揮していた。

 だが、それだけでは上のレベルで野球をやるときに必ず壁にぶつかるだろうと考えた佐藤は、宇佐見に2つの約束事を課した。

【次ページ】 走り方から徹底的に教えていった。

2/5ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
小林誠司
阿部慎之助
城西国際大学
佐藤清
宇佐見真吾

ページトップ