プレミアリーグの時間BACK NUMBER

2000億円が動いたプレミア移籍市場。
補強査定すると勝ち組、負け組は? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/09/09 11:30

2000億円が動いたプレミア移籍市場。補強査定すると勝ち組、負け組は?<Number Web> photograph by Getty Images

エバートンから加入し、さっそくゴールを決めたルカク。そのフィジカルは前線の起点役として最適だ。

巧みな「開幕後補強」を見せたトッテナム。

 移籍金の額はリーグ5位だが、トッテナムも戦力アップとムードアップを実現している。新戦力なしで開幕を迎えた時点でも、若いチームの主軸に変化がない点をプラスと解釈できる陣容だったが、いざ市場が閉まってみれば、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が求めた「フィールド選手4名追加」が現実となった。

 ウォーカーを「インフレ価格」と言われた70億円超でマンCに売った右SBには、セルジュ・オーリエ(前PSG)を獲得。ハリー・ケインのバックアッパーとして手に入れたフェルナンド・ジョレンテ(前スウォンジー)は、チェルシー相手の獲得競争に勝利したという副産物もある。

 トッテナムは今季に限らず、補強がスロースタートな傾向がある。「市場の戦術家」のようなダニエル・リービー会長は、じっくりと駆け引きを楽しんでから動くとも言われてきた。来季からはプレミア間に関しては、開幕前に夏の移籍市場を閉める方向が確定しているが、来年から実施の運びとなれば、リービー会長は最後の「開幕後補強」を堪能したと言える。

ドリンクウォーターを高値で売ったレスターの賢さ。

 トップ10を争えるレスター、残留争いを避けたいスウォンジー、そして降格回避が目標のハダーズフィールドも、今夏の移籍市場における勝ち組だ。

 レスターの賢さは、ダニー・ドリンクウォーターを3500万ポンド(50億円弱)でチェルシーに売り、その3分の1程度の額でビセンテ・イボーラ(前セビージャ)を買ったボランチ入替が象徴的だ。

 またレンタル移籍ではあるが、ポルトガル期待の若手MFレナト・サンチェス(前バイエルン)のスウォンジー入りは今夏最大のサプライズ補強だ。ハダーズフィールドは、ドリンクウォーター1人分程度の移籍金支出で計11名を獲得。開幕3戦を2勝1引分けの好スタートも相まって、降格候補筆頭の呼び声を同じ昇格組のブライトンに譲った感がある。

【次ページ】 昨季王者チェルシーはコンテ監督の希望が……。

2/4ページ
関連キーワード
プレミアリーグ
ロメル・ルカク
マンチェスター・ユナイテッド
マンチェスター・シティ
アーセナル
トッテナム
チェルシー
レスター

ページトップ