F1ピットストップBACK NUMBER

“愛されるホンダ”は生き残れるのか。
マクラーレンの批判と31年前の危機。

posted2017/09/10 07:00

 
“愛されるホンダ”は生き残れるのか。マクラーレンの批判と31年前の危機。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

今年のイタリアGPでは、50年前にホンダに勝利をもたらしたRA300のデモ走行が行われた。ハンドルを握ったのはGP3を戦う福住仁嶺。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Hiroshi Kaneko

 イタリアGPが開催されるモンツァは、ホンダにとって忘れることができない思い出が詰まったサーキットだ。

 史上最強と謳われたマクラーレン・ホンダが誕生したのは、1987年のイタリアGPだった。ホンダは当時のウイリアムズとの契約を、1年残して解消。翌年からマクラーレンとパートナーを組む決断を下した。モンツァで行われた発表会にはマクラーレンの総帥ロン・デニスとホンダの桜井淑敏総監督のほか、ドライバーも2人出席した。

 アラン・プロストとアイルトン・セナ。

 ドリームチームと呼ばれた彼らは翌年16戦15勝を達成し、伝説となった。 

アロンソ「ホンダでなければ、優勝争いだ」

 あれから30年。今年、ホンダはそのモンツァでもがいていた。9月3日のレースでは、1台がパワーユニットのトラブルでリタイア。もう1台はギアボックスの不調でチェッカーフラッグを受けることなく、レースを終えた。

 ホンダの苦悩はコース上だけではなかった。2018年以降のF1活動に暗雲が垂れ込めているからだ。かつての栄光を目指して手を組んだマクラーレンが公然とホンダを批判。元王者のフェルナンド・アロンソからは「ホンダでなければ、優勝争いも可能だった」とプライドを傷つけられた。

 ホンダとマクラーレンには長期に渡る契約がある。しかし、この世界でそれがどこまで有効なのかは、30年前のことを考えれば、ホンダもよくわかっているはずだ。モンツァでマクラーレンとホンダは公然と話し合いを持った。

【次ページ】 「ホンダはF1の世界に残ってほしいし、残るべきだ」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マクラーレン・ホンダ
フェルナンド・アロンソ

ページトップ