Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<2年連続2冠を目指して>
サントリーサンゴリアスを支える「食」と「栄養」。 

text by

福田剛

福田剛Tsuyoshi Fukuda

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2017/09/08 10:00

<2年連続2冠を目指して>サントリーサンゴリアスを支える「食」と「栄養」。<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

トレーニングも食事も真剣な選手は結果が出る。

 選手達の食事は単純に栄養分が足りていればいいという訳ではない。

「1カ月ごとにメニューを考えてストレングス&コンディショニングコーチや主務とミーティング後、調理師さんと相談をするのですが、肉の種類がかぶらないようにするとか、外国人選手も食べられるメニューを必ず入れるなど、選手が毎日食事を楽しめるように意識しています。練習の予定も考慮して、みんなが好きなカレーは疲れが溜まるこのタイミングで出そうとか、毎回頭を悩ませています(笑)」

 食事だけでは激しくトレーニングをする選手には足りないこともある。その場合は選手と相談しながらプロテインも活用する。

週に1度はクラブハウスを訪れ、食事の様子をチェックしたり、栄養教育を行なう。その仕事ぶりに「本当によくサポートしてくれており、安心して彼女にお任せしています」と、サンゴリアス主務・野村直矢氏も信頼を寄せる。

「筋肉を増やしたい選手には、ウェイトトレーニングの後だけではなく、寝る前にもプロテインを摂るように勧めています。筋肉は寝ている間にも修復されるので、そのタイミングに合わせてタンパク質を補うことが大切です。選手も体に必要な栄養の知識を持っているので、自分で考えながらも、助けが必要なときにはアドバイスをしたり一緒に考えていきます」

 計画的なトレーニングと正しい食事によって、体は確実に変わっていく。

「体脂肪量は増やさず筋肉量を増やしていくのが理想です。トレーニングも食事もしっかり取り組んでいる選手は、結果が出ています」

 金剛地さんが前任者の後を受け、チームに加わったのは'13年のこと。その頃から食事に対する意識が高い選手が多かった。

「ただほとんどの選手は社員としての仕事があるので、十分な昼食がとれないことがあります。特に1年目の選手は学生から社会人になったことでライフスタイルが変わり、思うように食事がとれないことが多い。どうしたら必要な食事がとれるかスケジュールなどを確認して、選手と相談しながら食事プランを作っていきます」

【次ページ】 「食事の積み重ねが集中力、あと一歩を生み出す」

2/3ページ
関連キーワード
サントリーサンゴリアス
金剛地舞妃

ページトップ