Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<2年連続2冠を目指して>
サントリーサンゴリアスを支える「食」と「栄養」。

posted2017/09/08 10:00

 
<2年連続2冠を目指して>サントリーサンゴリアスを支える「食」と「栄養」。<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

text by

福田剛

福田剛Tsuyoshi Fukuda

PROFILE

photograph by

Atsushi Hashimoto

昨季はトップリーグを15戦全勝で、そして日本選手権も制覇し、ラグビー2冠を達成した最強王者の新たな戦いが始まった。チームを陰で支える管理栄養士に、食事の秘密を聞いた。

 いよいよ始まった'17-'18ラグビー・トップリーグ。注目を集めるのが、昨季は無敗でトップリーグと日本選手権の2冠を獲得したサントリーサンゴリアスだ。

 全チームが「ストップ・ザ・サンゴリアス」を合い言葉に挑んでくるなか、2年連続2冠を達成するには、シーズンを戦い抜く強靱な体とコンディションの維持が必要となる。そのためには日々の食事が重要であることは間違いない。大切な選手達の食事をコントロールするのが、管理栄養士の金剛地舞妃さんだ。彼女が普段ニュートリションスペシャリストとして働く、東京・田町の森永製菓ウイダートレーニングラボで話を聞いた。

「チームの食事に関することはすべて私の仕事ですが、随時他のスタッフと相談や情報共有しながら進めています。サンゴリアスの選手達は練習を終えた後すぐにクラブハウスで食事をとれる環境が整っています。そのメニューを考えたり、合宿や試合前に宿泊するホテルとも調整して、提供する食事を決めています。その他には栄養教育ですね。選手にどんな栄養をとるべきなのかなど教育します。体重を増やしたい選手や減量したい選手から個別に相談を受けることもあります」

開幕から白星を重ね今季も好スタートを切ったサンゴリアス。2年連続2冠達成のためには、普段の体づくりが重要となる。

 メニューを考えるとき、金剛地さんが意識しているのがタンパク質。クラブハウスの食事はタンパク質がしっかりとれるようにメニューを組んでいる。

「ラグビーはコンタクトスポーツなので、練習でも筋破壊が起きます。ウェイトトレーニングも激しくやるので、しっかりタンパク質を摂らないと、筋肉がつくどころか逆に体重が落ちてしまうんです。おかずは肉や魚をメインに、納豆や卵などタンパク質が豊富な食材を常備しています」

【次ページ】 トレーニングも食事も真剣な選手は結果が出る。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
サントリーサンゴリアス
金剛地舞妃

ページトップ