ゴルフPRESSBACK NUMBER

横峯さくらのオーバースイングが変わる!?
米国でシード落ち危機からの大勝負へ。

posted2017/08/31 08:00

 
横峯さくらのオーバースイングが変わる!?米国でシード落ち危機からの大勝負へ。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

マコーミック、ランドバーグらが運営するテキサス州の施設「アルタス・パフォーマンス」 にて。練習で、ランドバーグ(左)の話を真剣に聞く横峯。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

 8月中旬のアメリカ・テキサス州、気温は38度まで上がってきた。

 ゆらゆらと陽炎が漂う真っ昼間のゴルフ場で、横峯さくらはコーチのコーリー・ランドバーグと時おり言葉を交わしつつ、丁寧にボールを打ちこんだ。

 2時間の練習を終えると、クーラーの効いた施設内に引き揚げた。一息ついて、ソファにそっと腰を下ろした横峯に、現在の心境を筆者がたずねた。

「悔しい気持ちをとっくに通り越しましたね」

 穏やかな口調だが、はっきりと答える。

「今は(復活の)プロセスを踏んでるところなので、これからかなと……」

 今季は日米の両ツアーでの優勝を目標に掲げていたが、8月30日現在、出場した15試合のうち10試合で予選落ちを喫して、年間賞金ランクは140位。優勝争いに加われていないどころか、プロになってから最悪の成績である。

 1月のオフシーズンでは、みっちり練習した。だが、いざツアーが開幕すると、プレーが安定せず結果が出なかった。

「昔のスイング」を追いかけていては勝てない!

 ベストを尽くして調整したはずだったが、誤算は“体の変化”を軽視したことだった。

 '09年の賞金女王になった20代前半と比べて、31歳の体の動きは違う。昔のスイングを求めすぎてしまっていたことに気がついた。

 米ツアーで優勝を目指すには、自己流の技術と知識では限界だと感じ、横峯はついに決断する。

「コーチを探そう!」

 プロ13年目にして、初めて自分から本格的にコーチをつける決心をしたのである。

【次ページ】 アメリカでも大人気の有名コーチを紹介され……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
横峯さくら
コーリー・ランドバーグ
べアトリズ・レカリ
キャメロン・マコーミック
ユ・ソヨン
ジョーダン・スピース

ページトップ