Number ExBACK NUMBER

広陵・中村の本塁打で甦った'85年夏。
清原和博が今も忘れない、あの瞬間。

posted2017/08/25 17:00

 
広陵・中村の本塁打で甦った'85年夏。清原和博が今も忘れない、あの瞬間。<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa

1985年の清原和博。優勝だけをただひたすら目指し、ホームランの数は二の次だった……高校最後の夏。

text by

鈴木忠平(Number編集部)

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Katsuro Okazawa

 あの夏がよみがえった。

 センターバックスクリーンと左翼に描かれた2つの放物線。

 広陵・中村奨成が準決勝の天理戦で今大会5、6本目のホームランを放ち、PL学園・清原和博の持っていた甲子園記録を塗りかえた。

 記録は記録を呼び起こす。

 あの事件以来、久しく聖地から消えていた「清原」の名前が映し出された。それに伴って32年前のあの夏が脳裏をよぎった人もいるのではないだろうか。そう、今回よみがえったのは記録よりも記憶だったような気がする。

1985年の夏。歴史に永遠に刻まれる伝説が生まれた。

「毎年、夏になると甲子園を思い出します。もう僕の手元には当時の写真も、甲子園の土も、そういうものは何も残っていないんですけど、ああ、こうだったな……というのは夏になれば思い出せますね。特にあの決勝戦は……」

 この夏の甲子園が始まった頃、『Number』誌での連載記事「告白」において、清原氏はちょうど高校3年の夏を回想していた。

 じつは、少年時代の記憶を最初からたどることや、PL学園1年生の頃などを思い出すことに、清原氏はとても苦労していた。脳裏に残っている断片を組み合わせ、時間をかけて細部を掘り起こしていく、という作業がずっと続いていた。ただ……なぜか、あの最後の甲子園については、驚くほど記憶が鮮明だった。

 1985年。

 日航ジャンボ機とともに520人の命が消えた、あの夏。

 甲子園球場では1人の青年が伝説になったのだ。

【次ページ】 「もう準優勝では誰も喜んでくれなかった」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
清原和博
中村奨成
広陵高校
天理高校
PL学園高校
中山裕章
甲西高校
宇部商業高校
渡辺元智
甲子園
全国高等学校野球選手権大会

ページトップ