沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

馬よりも騎手が主役になる2日間。
札幌に定着したWASJの“面白さ”。

posted2017/08/28 11:25

 
馬よりも騎手が主役になる2日間。札幌に定着したWASJの“面白さ”。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

武豊という騎手が競馬界において発揮している存在感は今も大きい。騎手のオールスターと銘打つからには、彼が必要だ。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 8月最後の週末、北の都・札幌が、豪華イベントの目白押しで熱く盛り上がった。

 ひとつは東京五輪の代表選考を兼ねた北海道マラソン。もうひとつは三代目J Soul Brothersのコンサート。そして、この「ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)」である。「ホテルがとれない」、「空室があっても高い」とこぼしながらも、多くのファンが札幌競馬場を訪れ、国内外の名手の叩き合いを堪能した。

 かつてのワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)が現在の名称になり、この時期に札幌で行われるようになってから、今年が3年目。土日の4つのレースの着順によってポイントが与えられ、その合計で個人とチーム(海外・地方チームとJRAチーム)の順位を競う。

 1年目の2015年は香港のジョアン・モレイラが優勝。モレイラはほかのレースにも多く乗り、土日で7勝を挙げ、「札幌に神降臨!」と騒がれた。2年目の昨年は、JRA代表としてミルコ・デムーロが優勝。なお、チーム戦は2年連続JRAチームが勝っている。

 今年は、3年連続の出場となるモレイラをはじめ、海外から6名、地方からは、予選ラウンドで4戦3勝2着1回という歴代最高得点を叩き出した中野省吾、そしてJRAからは3年連続となる武豊、戸崎圭太、ミルコ・デムーロら7名が参戦し、8月26日と27日の2日間にわたって行われた。

ラスト1戦の時点で11名に優勝の可能性が。

 第1戦、26日の第10レースは、抜け出しをはかった地方の中野を、福永がゴール直前で鼻差でかわして1着。

 第2戦、26日の第11レースは戸崎が勝ち、美形でも注目されたオーストラリアの女性騎手ケイトリン・マリヨンが2着。

 これら2戦のポイントで、初日は戸崎がトップ。福永、田辺裕信がつづいた。

 そして2日目、最終日の27日。

 第3戦はこの日の第10レースで、モレイラ、武、デムーロの順で決まった。

 この第3戦が終わった時点で、下位3名を除く11名のどの騎手が第4戦を勝っても優勝、という大混戦だった。

【次ページ】 状況が分かっていれば、レースの見方も変わったかも。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
武豊

ページトップ