野球善哉BACK NUMBER

神戸国際大付は負け姿まで個性的。
甲子園でも際立つ選手の“雄弁さ”。

posted2017/08/18 15:00

 
神戸国際大付は負け姿まで個性的。甲子園でも際立つ選手の“雄弁さ”。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

ダイビングキャッチを試みるなど、負けても神戸国際大付の選手は甲子園でそれぞれの個性を出しきった。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 両者が一歩も引かず粘りあう展開に、かつての神戸国際大付の面影はなかった。

 延長11回までもつれた神戸国際大付vs.天理の“近畿対決”は、山口乃義によるテキサスヒットが決勝タイムリーとなり、2-1で天理に軍配が上がった。

 延長戦で先攻チームに1点が入ってガタガタと崩れることはよくあるが、春・夏連続出場を果たした神戸国際大付は、その後続いたピンチに音を上げることはなかった。

「いくらヒットを打たれても、どんだけ粘るかや、って言ってきましたからね」

 指揮官・青木尚龍の言葉を聞いていると、神戸国際大付のこの20余年の歩みを思い出す。

態度が悪いと見られた“神戸のやんちゃくれ”。

 神戸国際大付は個性派が集まっていることから“神戸のやんちゃくれ”と散々呼ばれてきた。その能力が高い選手が結果を恐れず思い切りプレーすることで、9回裏2死から5点差をひっくり返したこともあったし、大記録を達成したこともある。そうした派手な戦いぶりの一方で、しばしば彼らの立ち振る舞いを言及されることがあった。

 青木は、かつて苦笑してこう話していた。

「“個性”というのをええように思ってくれたらいいけど、違う形でとらえられたら『やんちゃ』とか『ゴンタ』と言われてしまう。坂口智隆(現ヤクルト)は目立ちたがり屋の性格で、グラウンドで目立つプレーをしたんですよね。それを個性というのか、悔しがってバットを叩いたから態度が悪いとなるのか。どう見るかの違い」

 投手だった坂口は高校時代にノーヒットノーランを達成しているが、派手なプレーと時に生意気そうに見えるプレースタイルから、世間は「やんちゃくれ」の印象を持たれがちだった。

【次ページ】 「なぜ俺らばっかり言われなアカンのか?」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
神戸国際大付属高校
天理高校
坂口智隆

ページトップ