甲子園の打撃戦と投手戦、どっちが好き?

集計グラフを見る

 2017年夏の甲子園は、本塁打の数が史上最多ペースで、打撃戦の多い大会になっています。  点の取り合いは盛り上がる場面も多く見応・・・続きを表示

●打撃戦
●投手戦

1-10件を表示 / 全10

すべて| 打撃戦| 投手戦|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • どっちも捨てがたいが取ったり取られたりの打撃戦がいいですね。投手戦は野球が好きな人は選ぶが、より多くの人に面白いと思わせるには点の取り合いのほうがいいですね。打ってアルプスが「ワァ~!!」と盛り上がると最高ですよ。

    帝王00さん2017/08/17 15:21に投稿

    1
    そう思う!
  • 夏の大会は特に投手戦が大好きです。インサイドワークの良いバッテリーは見ていて楽しくなりますね。打者が打ち気無しとみると「ど真ん中にストレート」一方打ち気満々ならば「スローカーブでタイミングをずらす」何時でも打てそうで、何となく九回が終わっている、この様な野球頭の良いバッテリーが時々ジャイアントキリングを起こし野球好きを「アッ」と言わせる、今大会もこんなシーン見たいですね。

    airさん2017/08/17 09:21に投稿

    0
    そう思う!
  • 暑い夏(今年は例外かもしれませんが)に長々と観るよりも、テンポの速い一二点差の緊迫したゲームを観る方が余程ハラハラします。金属バットの為、一つ間違えれば長打になりますが、奪三振ショーの方が面白いと思いませんか?

    ぱぱさんさん2017/08/17 21:13に投稿

    0
    そう思う!
  • 僕達日本人の野球観には、投手戦があっている。どうやって取るのか?を、見るのが好きです。

    たけまろさん2017/08/17 21:18に投稿

    0
    そう思う!
  • 見てて楽しいだけなら打撃戦。しかし投手戦は必ずしも好投手の三振無双であるとも限らない。バックのファインプレーも必ず絡む。そして数少ない得点チャンスがヒリヒリする。野球の醍醐味は1点の重みであると思う。

    Strike Eagleさん2017/08/18 00:37に投稿

    0
    そう思う!
  • 投手戦のほうが好きなんですが、こと甲子園に限るとなると、投手戦より打撃戦のほうが好きですね。
    もちろん息詰まる投手戦もワクワクするのですが、プロ野球ではなかなかないような、あっと驚くような逆転劇が甲子園にはたくさんあります。それが高校生の若さや勢いなのか、プロと比べると年齢的にも精神的にも未熟な部分ということなのかはわからないですけど…。
    5点6点の差があっという間に追いついて、ひっくり返る展開は「さあ、次はどうなるんだ?何が起きるんだ?」とワクワクしながら見てしまいますね。

    するのは苦手見るのは得意さん2017/08/18 21:29に投稿

    0
    そう思う!
  • 打撃戦は、きつい練習の成果が報われる瞬間を両チームで多数見れるから。投手の皆様には申し訳ありません。

    Sugiさん2017/08/21 19:04に投稿

    0
    そう思う!
  • やはり投手戦が好きですね。今大会は打撃戦(ホームラン数up)が話題ですが、手に汗握る締った3点以内の試合が堪らないです。投手戦が少ない昨今の高校野球は、打撃力の向上に因って投手が抑えなくても勝ててしまうことで最終回まで重箱の隅を突く制球力を発揮出来るピッチャーが育たなくなっているのが現状ではないでしょうか。今大会もテレビ観戦出来た試合でしか言えませんが、打たれている投球は明らかに甘いコースに入っての長打のシーンが多いと感じました。田中将大と斉藤祐樹の投げ合いは代表的な投手戦ではないでしょうか。

    しぶちゃんさん2017/08/23 12:06に投稿

    0
    そう思う!
  •  徳島の蔦監督率いる池田高校が繰り広げた打撃戦が今も思い出されます。この池田の登場以来、打撃優位のゲーム展開が多いように感じます。

    手許 不如意さん2017/08/25 18:34に投稿

    0
    そう思う!
  • 縺ゥ縺。繧峨′螂ス縺搾シ溘→閨槭°繧後l縺ー縲√ご繝シ繝縺檎キ縺セ繧区兜謇区姶縲�
    縺励°縺励€∵ャイ繧定ィ€縺医・謚墓焔謌ヲ縺ァ蟋九∪繧贋クュ逶、莉・髯阪↓謇捺茶謌ヲ縺ク遘サ陦後@縺ヲ陦後¥繧イ繝シ繝縺悟・ス縺ソ縺ァ縺吶・縲�

    カメさん2017/08/31 15:24に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ