One story of the fieldBACK NUMBER

日本ハムの新スタジアム構想が凄い!
「入場料無し」「弁当無し」の衝撃。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byHokkaido Nippon-Ham Fighters

posted2017/08/16 08:00

日本ハムの新スタジアム構想が凄い!「入場料無し」「弁当無し」の衝撃。<Number Web> photograph by Hokkaido Nippon-Ham Fighters

メジャーリーグの人気スタジアムなども参考に、世界のどこにも無い、最先端のエンターテインメントとしてのスタジアムを目指す。

「入場料はいらないと思います」

 例えば現在、どの球場でもゲートを入る際に入場料が発生する。いわゆる「チケット代」だが、前沢はこの大前提に首をかしげる。

「入場料はいらないと思います。入りたい人はどなたでも入ってもらえばいい。そして、座って野球を観たい人だけ『座席料』を払っていただけばいいのではないでしょうか」

 これまで多くの球場を視察してきた前沢は米大リーグ・カージナルスの本拠地ブッシュ・スタジアムを訪れた際、野球を観ていない人の多さに驚いたという。

 つまりその人たちにとっては野球を見るのではなく、スタジアムに来ることが目的なのだという。

「アメリカでは野球が文化なのではなく、スタジアムが文化なのだと感じました。もちろん野球に敬意を払うという前提で、野球そのものを楽しみに来る人を増やしたい」

 公開されたイメージ図を見ると、スタジアムとその外にあるショッピングモールや広場、レストランには境がないように見える。つまり、収容3万というのは座席の数であって、実際にはその数倍の人がスタジアムに入れるわけだ。

「ディズニーランドにお弁当は売ってませんよね」

 また、人を惹きつけるものとして「美味しい食事」も重要だという。

 そこでも既存の価値観に疑問を投げかける。

「例えば、お弁当というのは保存するためのものですよね。その場でつくって、その場で料理を提供できるのであれば、お弁当にする必要はないのではないか、と。ディズニーランドにお弁当は売ってませんよね」

 入場料も、お弁当も存在しない。つまり誰でも無料で入ることができて、つくりたての美味しい料理が食べられるスタジアム――。

 これは構想のほんの一部に過ぎないが、こういうところからファイターズがつくろうとしている新球場のテーマが垣間見えてくる。

【次ページ】 選手たちが腰や膝を怪我するたび、心が痛んだ。

2/4ページ
関連キーワード
前沢賢
北海道日本ハムファイターズ
横浜DeNAベイスターズ

ページトップ