松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

マキロイ「今週はヒデキこそがカギ」
優勝の疲労は全米プロにどう影響? 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2017/08/09 17:00

マキロイ「今週はヒデキこそがカギ」優勝の疲労は全米プロにどう影響?<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

谷原秀人と一緒の練習ラウンド中に、ティショットのセットアップを確認しなおす松山英樹。このストイックさが彼を支えているのだ。

谷原「“素の松山英樹”はたぶん休みたいはず」

「疲れは大丈夫ですか?」

「はい」

 一流アスリートであれば、肉体のコンディショニングは上手くできているのが当たり前だと思っている松山は、どんなに疲れていても、仮にどこかが痛くても、「疲れてます」「痛いです」とはまず言わない。

 だが、今日の練習ラウンド中、「手に力が入らない」と言って、ティグラウンドで仕切り直したり、ラウンド終盤は前の組が終わるのを待つ間、しゃがんだり腰を下ろしたりで、疲労の色はありありと見て取れた。

 前週の最終日、あの優勝争いの中で松山の顔は確かに穏やかに見えたが、集中力は極限まで高まっていたに違いなく、その中でコースレコードに並ぶ61をマークしての逆転勝利。エネルギーの消耗度も最大レベルであろう。優勝後は表彰式、記念撮影、優勝会見、そしてすぐさま飛行機で移動。疲れていないはずはない。

 前週も今週もともに練習し、ともに移動した大学の先輩・谷原秀人いわく「(松山は)ちょっと疲れてるんですよ、たぶん。本人は休みたいんだろうけど、“プロゴルファー松山英樹”がそれを許さないんですよ。“素の松山英樹”は、たぶん休みたい。このコースを知っているからホントは今日もハーフとかでいいはずなんです。でも、それを頑張っちゃうアイツがいるんですよ」と、ビッグでストイックな後輩を気遣っていた。

調子は「後戻りしてるんで……」という苦しい状態。

 だが、松山の表情を険しくしていた理由は、もちろん疲労のせいだけではない。

 前週の最終日は、最悪のウォーミングアップから最高のゴルフへと一転させて勝利を掴んだというのに、一夜明けた月曜も、そして火曜も再びショットの調子が振るわなくなっている。

「後戻りしてるんで……それを、また上げられるように頑張りたいなと思う」

 調子が後戻り。そしてその状況に輪をかけるように、コースの難度はとんでもなく高い。それも松山の表情をこわばらせているのだろう。

【次ページ】 何度もプレーしたコースだが、改良で別物に。

2/4ページ
関連キーワード
松山英樹
谷原秀人
ローリー・マキロイ
勝負を決める108mm
全米プロゴルフ選手権

ページトップ