松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

マキロイ「今週はヒデキこそがカギ」
優勝の疲労は全米プロにどう影響?

posted2017/08/09 17:00

 
マキロイ「今週はヒデキこそがカギ」優勝の疲労は全米プロにどう影響?<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

谷原秀人と一緒の練習ラウンド中に、ティショットのセットアップを確認しなおす松山英樹。このストイックさが彼を支えているのだ。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Sonoko Funakoshi

 いよいよ今週は今季最後のメジャー、全米プロゴルフ選手権が開催される。

 前週、世界選手権シリーズのブリヂストン招待で見事な勝利を飾ったばかりの松山英樹は、その夜のうちにファイアストンのあるオハイオ州を離れ、クェイルホロー・クラブのあるノース・カロライナ州に現地入りした。

 世界選手権2勝目、米ツアー通算5勝目、今季3勝目となった前週の優勝は「怒らないでやってみようかなと思った」「あまり期待しないでやってみようと思ったら、うまくいった」「メンタルコントロールして、ハイにならないようにしたら、うまくいった」と松山自身が振り返ったように、気持ちの持ち方を変えるという彼にとっては新たなアングルから掴み取ったもの。だからこそ、松山は終始穏やかな表情だった。

 優勝後、すぐさま始まる全米プロに対しても「来週も、あまり期待しないでやれたらいいな」「まだ、あと3日あるし」と穏やかな視線を向けていた。

 そして今週のクェイルホローでは、すでに月曜日に9ホール、今日の火曜日に18ホールを回り、メジャー初優勝を目指して練習と調整を行っている。

練習し、子供たちにサインする姿は全くの普段通り。

 松山に対する注目度はもちろん高く、優勝候補の筆頭に上げられている。現地の子供たちは「ヒデキ! ヒデキ!」と声を上げ、サインを求める。日頃から子供たちにとりわけ優しい松山は、練習ラウンドの途中でも努めてサインをしていた。その姿は前週と何も変わっていない。

 練習ラウンド終了後には、日本メディアの取材にも快く応じた。その姿勢も変わっていない。

 だが、松山の表情は、穏やかだった前週から一転して険しいものになっている。

【次ページ】 谷原「“素の松山英樹”はたぶん休みたいはず」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
松山英樹
谷原秀人
ローリー・マキロイ
勝負を決める108mm
全米プロゴルフ選手権

ページトップ