スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

勝者ガトリンに“He is a doper!”
ボルトが善なら、悪役とされた男。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/08/09 10:30

勝者ガトリンに“He is a doper!”ボルトが善なら、悪役とされた男。<Number Web> photograph by AFLO

ボルトに勝利し、感無量の表情を浮かべるガトリン。しかし競技場に詰めかけたファンの対応は手厳しかった。

短距離界に再び「アメリカの時代」が到来しつつある。

 たしかにイギリスのメディアを見ていると、ドーピングに対しても厳しい倫理観を持っている(表現方法は様々で、とんでもないのもある)。“Doper”に対しては冷たく、それが今回の辛辣なブーイングの背景にある。

 その意味で、クリーンなボルトは「善」を代表する存在だったのである。

 それにしても、今回の世界選手権では、この10年ほどジャマイカが支配してきたスプリント界の構図が、大きく変わろうとしているという印象を受ける。

 男子100mでアメリカがワンツー、女子100mでもアメリカのトリ・ボウイが見事なフィニッシュで金メダル(これには鳥肌が立った)。

 再び「アメリカの時代」が到来したかのように感じる(サニブラウンは、秋からそのアメリカの大学で学ぶわけだ)。

 いま、ロンドンで時代が動いている。

 週末に行われる4×100mリレーがどうなるか。

 ロンドンのファンは、地元イギリスだけでなく、ジャマイカにも熱い声援をおくるはずだ。

 ガトリン、そして「トランプのアメリカ」はだいぶ、嫌われている。

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
ウサイン・ボルト
ジャスティン・ガトリン

ページトップ