プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武・山川穂高の打球音は、エグい。
“おかわり2世”の長打力が完全開花。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/08/09 08:00

西武・山川穂高の打球音は、エグい。“おかわり2世”の長打力が完全開花。<Number Web> photograph by Kyodo News

山川穂高はフォルムも、フォームも、あまりにもおかわり君。西武は長距離打者を見抜く目があるのだろうか。

「目標は立てません。今日、明日の繰り返しです」

 もちろん、メンタルだけではなく、技術のチェックも欠かさない。毎日、試合を終えて帰宅すると、湯船に浸かりながら自分の打席の動画を見るという。体の疲れをとりながら、ゆったりとした気持ちで全打席を分析するのが日課となった。好調を維持するための毎日の作業が功を奏している。

 山川の活躍もあり、ライオンズは上位とのゲーム差をじりじりと詰めている。上位争いが続く終盤戦へ向けての目標を聞くと、山川は即答した。

「目標は立てません。今日は終わったので、また明日。その繰り返しです」

 結果を残さなければ次のチャンスはない。そんな危機感が山川の原動力となっている。

 チームにとっては正念場となるシーズン後半戦。山川には相手との勝負と同時に、レギュラー獲得という自分との戦いが続く。

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
山川穂高
埼玉西武ライオンズ

ページトップ