シーズン中の大物選手のトレード、プロ野球でももっと行われてもいい?

集計グラフを見る

 メジャーリーグ移籍期限の7月31日、ダルビッシュ有のレンジャーズからドジャースへのトレードがまさに締め切り間際に成立しました。 ・・・続きを表示

●もっと行われてもいい
●やらないでほしい

1-4件を表示 / 全4

すべて| もっと行われてもいい| やらないでほしい|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • メジャーのように、まず近くのチームのファンであり、そのチームの応援をするという当たり前の構図が、狭い日本では当てはまらない。新潟の人が広島ファンであっても、高知の人が楽天ファンであっても、何ら不思議ではない。
    ある選手のファンになることが切っ掛けとなり、その選手の所属する球団のファンになることがあると思う。選手の移籍があると、せっかく好きになった球団なのに、その選手の移籍先の球団のファンになるようマインドチェンジするか、贔屓の選手のいない球団のファンであり続けるか…
    次第にどこのファンでもなくなり、野球観戦から離れてしまう… なんてことのないよう、頻繁に選手の移籍があるのは反対です。

    UNOさん2017/08/09 04:06に投稿

    1
    そう思う!
  • NPBの構造的に無理じゃないでしょうか。12球団がそれぞれ独立した企業として参加しているだけですから。
    NPBに放映権料や広告等の利権を集中し、ペナントレースの成績に応じてそれを各球団に分配する時に億単位のお金が動く仕組みにしないとどこのチームもトレードに動かないと思います。

    Sugiさん2017/08/08 20:11に投稿

    0
    そう思う!
  • 得るものの大きさが違うから、ビジネスモデルも異なるわけで、トレードにもエンタテインメントの臭いがある米国と違うケースも必要だと考えます。もし、トレード市場の活性化を促すには、FA取得期間の短縮化など、選手の権利にダイレクトに影響するものとのバーターは必至かと考えます。良い事ばかりにならないと想像してしまいます。

    たけまろさん2017/08/09 21:37に投稿

    0
    そう思う!
  • この選択肢はおかしい。「やるべき」か「いまのまま」でいいかでないと。「もっと行われてもいい」に決まってる。そもそもNPBの各チームはシーズンオフに来シーズンのチーム構想を作り補強をしている。シーズン中は、クライマックスがあり何とかAクラスをということになれば、トレードなどという悠長なことを考える指揮官は皆無だ。(クライマックスがなければ先のことを考えられるかも知れないが。)シーズンオフでさえ大型トレードができないのにシーズン中に大型トレードなんて「できっこない」。ということで皮肉を込めて「やらないで‥」ということにした。

    ハンいんきょオヤジさん2017/08/11 13:12に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ