メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

青木宣親にムネリン遺産の追い風!?
「Welcome to Toronto」の第一歩。

posted2017/08/09 10:45

 
青木宣親にムネリン遺産の追い風!?「Welcome to Toronto」の第一歩。<Number Web> photograph by AFLO

今季アストロズでは105試合中70試合の出場で打率.272、2本塁打だった。移籍で出場機会を増やせるか。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

AFLO

 日本人メジャーリーガーは未だに少数派である。

 野茂英雄のメジャー挑戦から20年以上も経つのに、信じられないことかも知れないが、日本人選手は今でも珍しい。

 そういうことは新しい日本人選手がそのチームに来た時に、とてもよく分かる。

 新しい日本人選手に余裕を持って対応しているチームもあれば、ぎこちない感じで接しているチームもある。また一見余裕がありそうなチームでも、実は報道陣の数の多さを考慮しながらいろんな決め事をして、選手から遠ざけようとしているチームもあるし、ほとんどノーガードのチームもある。

 トロント・ブルージェイズは、ほとんどノーガードのチームだ。そして、それはこのチームで人気者になり、今はソフトバンクでプレーしている川崎宗則のお陰である。

「ムネからWelcome to Torontoってメッセージが」

「(川崎から)Welcome to Torontoってメッセージが来た。まだ心はここにあるのかも知れない、あいつは」

 と青木が笑う。アストロズからトレードで移籍し、チームに合流した8月1日の試合前のことである。

「ここにはムネの遺産があるっていうのをすごく感じる」

 ムネの遺産。

 たとえば主砲ホゼ・バティスタが青木のロッカーの前を通り過ぎる時、「ガンバッテネ」と声をかける。

 たとえばカブス時代、福留孝介ともプレーしたことのあるダーウィン・バーニー内野手が「これって空手だっけ?」とお辞儀しながら胸の前で手を合わせる。

「そんなこと、日本人は誰もやらない」なんてのは百も承知。ブルージェイズの「前任者」は「その場が和めばいい」と日本語を教え、やりたいジェスチャーをやった。

【次ページ】 「結局、最後までひとことも話さなかった」選手も。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
青木宣親
川崎宗則
トロント・ブルージェイズ

ページトップ