大学かプロか……清宮幸太郎の進路はどちらがいいと思う?

集計グラフを見る

 早稲田実業・清宮幸太郎の高校野球生活が、終わりを告げました。西東京大会決勝、前年まで3年連続準優勝に終わっていた東海大菅生の意地の前に・・・続きを表示

●大学
●プロ
●その他

1-20件を表示 / 全23

すべて| 大学| プロ| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • プロでも良いが、大学の4年間も捨てたモノでは無い。
    清宮は打撃も守備も問題だらけ。守備は西東京大会決勝でのタイムリーエラーも印象に残るが、バント処理や状況に応じたポジショニングも出来ていない。ただの打撃屋という印象。ここが履正社の安田とは決定的に違う。
    打撃に関しても外の逃げる球をカットする技術が不足しているしインハイに対応出来ていない。もちろん1回戦レベルでは問題にならないが、日大三や履正社、東海大福岡、東海大菅生など全国区相手には全く対応出来ていない。
    あり得ないが、亜細亜大に進学し守備をゼロから鍛え直して貰った方がいい。早実の坊ちゃんに亜細亜大の練習に耐えられるとは思わないが。
    今のままではプロの二軍でも出番は無さそう。プロに行くなら基礎から鍛えてくれる広島やソフトバンク、日ハムに行かないと芽は出ないだろう。

    モウボアスさん2017/08/03 13:37に投稿

    4
    そう思う!
  • 高校時点で出来上がっている選手なので直接プロに行ってほしい。
    プロに行きたいなら大学は遠回りに過ぎない。

    ファルコンさん2017/08/02 19:02に投稿

    1
    そう思う!
  • 大学野球に行くとなると、どうしてもハンカチこと斎藤投手の高校後の流れを思い浮かべずにはいられません。かといって高校入学時からスター扱いされてきたものの、打撃・守備とも厳しい指摘を受ける場面もまだまだありますし、プロに入ればこれだけの集客の見込める選手を1年間、あるいはそれ以上じっくり2軍で鍛え上げるという選択が可能なチームは限られるのではないでしょうか。

    もちろんプロに入って厳しいレベルで揉まれることで見込まれる成長もあると思いますが、ここは社会人野球3年間という選択肢もありかと思います。大学進学より1年ドラフトに早くかかるし(中退除く)、多少なりとも一般社会人としての生活経験も身に着けることができる。プロとはまた違う一発勝負の厳しさも、彼を鍛えてくれるのでは。

    ついでに言えば、東京五輪にアマチュアから侍ジャパンに入り、それを花道に当年ドラフト…なんていうのも面白いかな、なんて。

    するのは苦手見るのは得意さん2017/08/03 22:03に投稿

    1
    そう思う!
  • 早稲田大学進学
    父親が早稲田卒、母親が慶応卒という家庭環境から考えると、
    早稲田大学進学が濃厚だと思います。
    早稲田のユニフォーム姿で東京六大学で活躍して欲しいと思います。
    そして2年後には早稲田大学の史上最強クリーンアップ三番清宮、四番加藤、五番野村で決まりです!

    ダイナマイトマーチさん2017/08/05 09:14に投稿

    1
    そう思う!
  • 高校生は体力ができていないことが大前提。投手は肩やひじの消耗を考えると即プロの方が活躍できると思うが、打者はいろんな投手と対戦して欠点を克服していくことも大事。清宮はHR高校通算歴代最多タイとはいえもともとの試合数が違うし、昨秋日大三高戦で5打席連続三振しているように技術はまだまだ。これだけ騒がれると期待も大きくなる。慌ててプロに行かずに、外野への挑戦もできればと思うが。

    ハンいんきょオヤジさん2017/08/05 11:28に投稿

    1
    そう思う!
  • 文武両道の清宮君は大学進学がベストでしょう。
    神宮、東伏見、高田馬場・・・仲間と共にかけがえのない4年間を過ごしてからプロへ行っても遅くありません。
    人生は野球だけではないので。

    クロワッサンさん2017/08/13 09:48に投稿

    1
    そう思う!
  • 海外留学。

    クロさん2017/08/02 11:57に投稿

    0
    そう思う!
  • 専属トレーナーによる体づくりが大切だから。

    大沢公さん2017/08/02 12:15に投稿

    0
    そう思う!
  • そもそも伸びしろがどれほどあるだろうか。
    どういう進路を取ろうが、そもそもプロで稼げるほどになれるのかどうか?
    そういう観点から、現時点で野球をやめたあとの人生設計を主眼にした選択が良いと思う。そういう意味で親父のコネでヤマハ入りが一番本人のためになると思う。

    ばんえい情報ステーションさん2017/08/02 12:22に投稿

    0
    そう思う!
  • 最終的にプロ目指すのなら、最初からプロへ行ってほしい。大学や留学しても結局プロに行くだろうし。

    HMクリーチャーさん2017/08/02 13:17に投稿

    0
    そう思う!
  • 18〜22歳という、いちばんの伸び盛りに、T大と試合していてはダメです。T大も素晴らしい大学なのかもしれませんが、野球に関してはそうは思えません、負けすぎです。どこの球団でもいいです、プロに行きましょう。大学にはいつでも行けます。プロでやってみて万が一ダメだったら、その後で行けばいいです。

    sbc07さん2017/08/02 17:25に投稿

    0
    そう思う!
  • テレビでインタビューを拝見していても、
    清宮選手は18歳にして既にしっかりした人間性を持っていると思う。

    早実高の入学前からマスコミに注目され続けるという異常な環境下で、
    逃げず驕らず107本ものホームランを打ち続けてきた彼ならば、
    どんな進路を選んでも必ず成長していく姿を見せてくれるはずだ。

    早大進学、プロ入り、あるいは渡米、どれを選んでも一長一短だろうが、
    ファンの一人として清宮選手の選択を見守り、
    そしてこれからもずっと応援していきたい。

    同じ早稲田実業の大先輩である王貞治さんのように、
    混迷の時代を照らすスーパースターであり続けることを期待しています。

    youhowさん2017/08/02 20:33に投稿

    0
    そう思う!
  • 東京オリンピックで清宮の勇姿が見たい。高卒でプロ入りし、3年間鍛えて侍ジャパンのメンバー入りして欲しい。

    Sugiさん2017/08/02 20:39に投稿

    0
    そう思う!
  • 一軍で活躍するには少なくとも2,3年かかると思うが、大学に4年行くよりはいい。大学は2シーズンしかなく、講義にも出なくてはいけないから野球に集中できる時間がプロの比べて圧倒的に少ない。将来的にメジャーに行きたいなら、早くプロ入りしてFA権を得る、もしくはポスティングで行くべき。2軍でバッティング以外のことを鍛えられるから、やっぱりプロに行った方がいい。

    虎男さん2017/08/03 11:13に投稿

    0
    そう思う!
  • 大学卒選手の全てがダメではないが、ハンカチ王子時代の3選手(斎藤、大石、福井)を見てしまうと、さっさとプロに行って、じっくり育ててもらった方がいい気がする。

    MAYAさん2017/08/03 12:51に投稿

    0
    そう思う!
  • プロの厳しい環境で多くを学んで欲しい。プロに短し大学に長し、の彼はよりレベルの高いプロで鍛錬すべきだと思う。

    ボーイングさん2017/08/03 18:42に投稿

    0
    そう思う!
  • 是非とも、直接プロに入って欲しいです。
    過去、清原や松井がそうであったようにプロに入っても
    早い段階で活躍できる選手だと思います。

    Seijiさん2017/08/03 20:04に投稿

    0
    そう思う!
  • プロに行ったほうがいいに決まってんでしょ。
    親父さんは進学させるつもりだったろうが、ハッキリ言って清宮、頭悪そうじゃん。
    そんな奴が大学行っても意味無いし。
    もちろん、早稲田は授業出なくていいって言うの分かってる。学業なんてモンはしなくていいVIP待遇で軽々と卒業出来るんでしょうけど、やっぱり斉藤と同じで大学の後はどうせプロでしょ?
    そんなら野球バカの清宮には、せっせと稼いで尚且つ2000本安打とかを期待しましょうよ。
    とりあえず、高卒で鳴り物入り入団としては清原みたいにタイトルも取れないどうしようもない奴にだけはなって欲しくないですね。

    デジャヴさん2017/08/04 21:30に投稿

    0
    そう思う!
  •  進学すればレギュラーで神宮のスターになるでしょう。しかし、最終的にメジャー球団を目指すなら、育成・起用方法のしっかりしたプロへ進み、シーズンをとおして動ける体つくりやプロの投手の配球の読み方などを修得すべきだと思います。

    手許 不如意さん2017/08/04 22:15に投稿

    0
    そう思う!
  • 得がたい華がある人なので、プロに進んで欲しい。

    たけまろさん2017/08/05 06:18に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ