「シンクロナイズドスイミング」が「アーティスティックスイミング」に名称変更。賛成or反対?

集計グラフを閉じる

 世界水泳が盛り上がりを見せる最中、国際水泳連盟(FINA)が驚きの発表をしました。お馴染みの「シンクロナイズドスイミング」の名称を「ア・・・続きを表示

●賛成
●反対

1-8件を表示 / 全8

すべて| 賛成| 反対|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • いいんじゃないでしょうか。
    名称が変わるからといって、競技の本質や魅力まで変わってしまうとは思えないですし。
    今度の名称からの適当な略称が思いつかないのですが、卓球をピンポンと呼んだり、アメフトをアメラグと呼んだりする人がいるように、アーティスティックスイミングをシンクロと呼んでもいいと思いますよ。
    あ、でも呼び方で世代がばれるという難点があるかもしれませんね(笑)

    するのは苦手見るのは得意さん2017/07/28 21:11に投稿

    0
    そう思う!
  • 名称変更をして、その後現在の不可解な採点方法が変わってくれることを望みます。フィギュアスケートとまでは言わないにしても体操くらいの明確な採点基準になるよう願わずにはいられません。選手がかわいそうです。

    ハンいんきょオヤジさん2017/07/28 23:23に投稿

    0
    そう思う!
  • ソロがいけない。あれをやめてしまった方が良くないでしょうか。

    たけまろさん2017/07/29 08:32に投稿

    0
    そう思う!
  •  団体をみているときちんと同期のとれた動きに重点があり、北朝鮮のマスゲームをいつも思い浮かべていました。AKBのようにメンバー個々がパフォーマンスを発揮して観るものを感動させるっていうのもありかなと思い賛成です。

    手許 不如意さん2017/07/29 18:50に投稿

    0
    そう思う!
  • これは個人的見解かもしれませんが、「アーティスティックスイミング」と聞くと、スポーツから遠い種目のように思えます。それに、今の日本の指導者・井村雅代さんのイメージとは何とも合わない名称ですね。
    小谷実可子さんのイメージなら「アーティステックスイミング」もいいかもしれません。まあ国内レベルの問題ではなく、FIFAが発表したことですから、何とも言えませんが。

    CLEAさん2017/07/30 15:22に投稿

    0
    そう思う!
  • 新体操やフィギュアスケートのように、この競技は単純に技の競い合いではなく、美しさや芸術性による表現や訴えかけが非常に大切。そして競技者グループの統一性という「シンクロ」を超えるものが出現する可能性さえあると思う。名前の変更により、この競技がより多くの観衆の興味を引き、より発展する可能性を開くのではないか。

    doalasukiyoさん2017/07/31 23:22に投稿

    0
    そう思う!
  • 人と人との「シンクロ」だけで捉えるならソロの出現によってその名称との齟齬を来したということになるのでしょうが、音楽に手懸りを求めればソロであっても「シンクロ」のままであながち間違いではないのではないかと考えます。芸術性云々をもちだして「アーティスティック」と呼ぶなら、フィギュアスケートだって同じことなのでは?

    コオニさん2017/08/01 11:25に投稿

    0
    そう思う!
  • 論点はずれるが、「アーティスティック」な部門が他の既存の
    競技にもできることを望みます。身体能力よりも芸術性、技術、
    そして経験がより重要視されるジャンルです。一度脳に記録され
    たパフォーマンスのプログラムは身体能力のように容易く失わ
    れるものではないのだから、いわゆる一線から退いた名選手が
    違う形でメダル争いをする姿を見てみたい。

    tanさん2017/08/06 22:07に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ