ラグビーPRESSBACK NUMBER

サンウルブズ快勝は想像以上の快挙。
今こそラグビー日本代表の利益に。

posted2017/07/20 07:00

 
サンウルブズ快勝は想像以上の快挙。今こそラグビー日本代表の利益に。<Number Web> photograph by AFLO

暑さの中でも足が止まらない。気候を味方につけて運動量で勝負しきる形は、日本代表にとってもヒントとなるかもしれない。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

AFLO

 ZOZOマリンスタジアムがプロ野球のオールスターに沸き上がり、埼玉スタジアムで浦和レッズとドルトムントがシーソーゲームを演じた7月15日、秩父宮ラグビー場で歴史的な勝利が生まれた。スーパーラグビーに参戦しているサンウルブズが、シーズン最終戦でニュージーランドのブルーズを48-21で撃破したのだ。

 猛烈な日差しが選手たちの頭を焼き付ける12時5分キックオフの条件は、ニュージーランドからやってきたブルーズにはタフなものだったに違いない。それでも、ブルーズのジェームズ・パーソンズ主将は「暑さを含めてコンディションの影響はあったが、それを言い訳にはできない。試合に向けた姿勢が大きな要素で、我々は個々の選手のメンタルに課題があった」と振り返っている。最後まで足を止めないサンウルブズは、スーパーラグビーで3度の優勝を誇る強豪を制圧した。

これまでで最多の48得点を記録した歴史的な勝利。

 スーパーラグビーはアフリカ1、アフリカ2、オーストラリア、ニュージーランドの4つのカンファレンスで18チームが参戦しており、ブルーズは最激戦区のニュージーランドカンファレンスで最下位に沈んでいた。8チームで争われるプレーオフ進出の望みを、すでに絶たれていた。

 一方のサンウルブズも、アフリカ1カンファレンスの最下位だった。とはいえ、カンファレンスの異なるチームとの対戦も含めた最終成績は、ブルーズの7勝1分7敗に対してサンウルブズは2勝13敗となる。

 暑さというホームアドバンテージに支えられたものの、ブルーズ撃破は歴史的と言って差し支えない。7-21からスコアを引っ繰り返し、スーパーラグビー初参戦の昨年も含めてチーム最多となる1試合8トライと48得点を記録したゲームは、シーズンを締めくくるにふさわしいものだった。

【次ページ】 サンウルブズと日本代表を両立する選手の考えは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ラグビー日本代表
サンウルブス
スーパーラグビー
ジェイミー・ジョセフ
福岡堅樹

ページトップ